This Archive : 2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

ベベ

★『ビキニの裸女』

1952年のおフランスのモノクロ映画。
仏題だと『Manina』らしいのですが、どうですか、この邦題。
なにやらややいかがわしい香りがしなくもない。
ですが、成年男子が期待をするような作品ではありません。
あしからず。

えー、タイトルはさておき、わたくし、とある小説を読んだことで“BB(ベベ)”ことブリジット・バルドーのことがこの頃気になっていたのですが、グッドタイミングでこの映画が無料で鑑賞できまして。
で、さっそく観たというわけ。
ストーリーは正直なところちんけでした。
が、お目当てのベベは、愛くるしくも色っぽく、素敵な肉体の持ち主でした。
2、3日は鏡で自分の姿を見ないようにしたいです。
裸体はなおのこと。
見て見ぬふりをしようと思います。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画・舞台鑑賞 |

勘違い。

★『この人と結婚するかも』/中島たい子

学食で向かいに座った人に
職場に来た地元ケーブルTVのディレクターに
スーパーで同じ物を手に取ろうとした人に
「この人と結婚するかも」
と思う主人公の春子。
彼女のお仕事ぶり、仲良しの女友達二人との交流、通っている英語教室でのひとつの出会いなどが描かれてゆく中、彼女のぐるぐるとした思考やら妄想などが丹念に描かれます。

毎度毎度出会う人に「この人と結婚するかも」と思うとはオメデタキ人と思うけれど、そのインスピレーションがあたることがないのですからまったくオメデタクナイ人であります、春子は。

対して、同時収録の「ケイタリング・ドライブ」は、料理研究家である男性のぐるぐるした恋愛思考、妄想などがこれまた丹念に描かれてます。

“愛で動いてんだから地球は”by.朋代 p159

どちらの作品もぐるぐるから切り抜けられた感じ?で終わってます。
突き抜けてはないけれど。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

♪ああ~あああああ~♪第三ラウンド

★『北の国から』第十九話~第二十話

“父さん、あんまり軽薄にならないでください。”

五郎さんはやっぱり男だった。

スパゲティバジリコ。
じゃりン子チエ。
開高健。

あと残り四話になってしまった。


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画・舞台鑑賞 |

♪ああ~あああああ~♪第二ラウンド

★『北の国から』第三話~第十八話

あれよという間に十八話まできてしまいました。
相変わらず純は頼りなく面白い。
蛍ちゃんは頑固だけれどめんこい。
五郎さんは不器用だけれど優しみに溢れてる。
草太兄ちゃんはお尻が小さい。

さて、十八話にして初めて泣きました。
蛍ちゃんが東京へ帰るお母さんの乗った列車を一人で見送るシーン。
走る、走る、蛍ちゃん。
「かけっこなら得意なんだ」といつかのシーンで言っていたのを思い出しました。

この間、かかってきた電話に純君風を装いしゃべったら、似ている!と想像以上に喜ばれ、ちょっと調子に乗りそうになった私です。

ドラマシリーズは二十四話まで。

あと、ちょっとじゃないですか~。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画・舞台鑑賞 |

誤植の一冊。

★『オトナの片思い』/石田衣良・栗田有起・伊藤たかみ・山田あかね・三崎亜記・大島真寿美・大崎知仁・橋本紡・井上荒野・佐藤正午・角田光代

久しぶりにアンソロジーです。
タイトル通り作家毎にいろいろな形の片思いが描かれてます。
それぞれの作品のコメントを残しておきたいと思う一方、そんなにインパクトがあるような作品がなく…。

石田衣良「フィンガーボール」
栗田有起「リリー」
伊藤たかみ「からし」
山田あかね「やさしい背中」
三崎亜記「Enak!」
大島真寿美「小さな誇り」
大崎知仁「ゆっくりさよなら」
橋本紡「鋳物の鍋」
井上荒野「他人の島」
佐藤正午「真心」
角田光代「わか葉の恋」

大崎知仁の「ゆっくりさようなら」が個人的には印象的。
ゼロになることは決まってることなんだけどゆっくり。
空気の薄いところから、空気のあるところにゆっくり降りていゆく。
別れは苦しいな。

この本、巻末の初出一覧に誤植?と思しき箇所が4箇所もありました。
・「Enakl」
・大亀真寿美
・「鋒物の鍋」
・「舵人の島」
一度にこんなにって、ちょっと滅多に見られないですよね。
COMMENT : 0
TrackBack : 1
CATEGORY : |

ストレス

ここ数日胃痛が続き、どんより。
今日なんて胃痛で目が覚めました。
恒常的にシクシクと痛み、ともすればギュインと痛みがあったりします。

前の職場にいた時の深夜まで及ぶ残業が続いた日々を思い出します。
あの時は立ち上がれなくなり、職場から夜間救急で病院に行ったなぁ。
後日、胃カメラの検査をしたら、胃壁に数か所におよぶ炎症とポリープが見つかり、組織を採って生検に出されました。
陰性だったけど。
この時、結局胃痛の原因はストレスでしょう、とお医者さんに言われました。
お医者さんって原因不明だと往々にしてストレスとしますよね。
偏頭痛が続いてCTやMRIの検査をして特に異常が認められなかった時も、ストレス性なんて言われましたから。

ストレス。
恐ろしいです。
体を蝕むほどのストレスってなんなんでしょう。

でも、ちょっと近頃、仕事が嫌になってきてるなー。
仕事というか職場環境が。
イラつくことが前に比べると多い。

お仕事は踊りだしたくなるくらい軽やかにやりたいものです。
COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

時間泥棒です。

「ドイツとイタリアの統一前後における都市国家の変遷について」

知識はおろか興味すら持ったことのない分野についてじりじりとイライラと調べ、検索をしまくり、資料を取り寄せ、拾い読みをし、付箋をペタペタした私の貴重な時間は信じられないくらい瞬時にして消えていきました。
目が点になる間もないくらい泡のように消えました。

そんな時間泥棒は今日またさらなる奪取物を唱えました。

「農林水産省発行の白書」

ぎゃふん。

農林水産省発行の白書はHP上からすべてDLできますからっ。

ふん。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

勘弁してよ

怖い夢、嫌な予感。
もぞもぞ。

きた。

金縛り。

怖い、怖い、怖い…と思っているうちにやっと動けるようになり、恐る恐る目を開ける。

ひどい寝汗。

時間を確認しようか逡巡。

だって、ぞろ目が怖い。

カーテンの外が明るければいいのに、と覗いてみたけれどまだ暗い。
枕元にあるスタンドを点け、意を決して携帯を開く。

4時42分。

危ない、危ない。
もう少しでとんでもなく恐ろしいぞろ目を見るところだった。

トイレへ行き、水を飲む。

再び眠ることに恐れを抱く。

実家にでも電話をしたいところだけれど、辛うじて堪える。

鳩の鳴き声が聞こえてきた。
外が明るみ始めてきた。
スタンドを点けたまま寝よう。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

秋の夜長

本を読み耽っていても、本に嫉妬を起こす人がいない。

そのことをほんのり淋しく感じる夜更け。

そして、夜更かし。
おしまいまで読んでしまおうかな。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

天災は忘れた頃にやって来る

★『東京・地震・たんぽぽ』/豊島ミホ

東京で震度6強の地震が起きたその時…。

14編からなる連作短編です。
幼い子からお年寄りまでそれぞれ14人の「その時」が描かれます。
「その時」にどこにいたか、たったそれだけのことだけで、いつもはひとつ屋根の下で暮らしている家族や友達が「生と死」という対極的な運命をたどる。
まさにそれは「天災」です。

非日常を突きつけられた時の人間のパトス…この一冊で知ることができます。

なにゆえに豊島ミホは「東京で大震災」という仮想をもとに小説を書いたのでしょう。
気になるところです。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

人間の幸福の極致

★『苺をつぶしながら』/田辺聖子

一部二部と楽しんできたこのシリーズもこの第三部をもっておしまいです。

第三部は、服役から開放された(離婚した)乃里子が、“先無し乃里子”として一人で活き活きと暮らしていくさまが描かれていきます。
服役とは結婚生活中のことをいいます。
夫だった剛ちゃんは看守という言われようです。

独り身の自由さ、気安さ。
表裏一体で存在する不自由さ、不安…。
そういったものを痛感します。

「いつも独り住みでしてね」とうそぶき、独り住みの幸福を味わえる日がやがて私にもくるのでしょうか…。
口を糊することができればそう思えるものなのでしょうか。
うむ。

大雨の中を乃里子が裸にレインコートを着て出かけるシーン。
のびやかで、とても気持ちよさそうで印象に残りました。

30年という年月を経ているにも関わらず復刊されたこの三部作。
まったく古さを感じさせず、復刊も頷けるというもの。
女の、男のあれやこれなんてものは新旧問わずなことなのでしょう。

やっぱりこの三部作手元に欲しいところです。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

今がその時。

いい気になっちゃえばいい。
有頂天になっちゃえばいい。

そうなれる時は、誰彼に構わうことなく、なってしまえばいい。

そう思う。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

初秋の夜。

私にとっては身近で大切な人が立て続けにこの世を去りました。

死ほどの悲しみや絶望感、喪失感が、この世にあるのでしょうか。


そんな悲しい知らせが相次ぎ、気持ちが沈む日々の中、良かったなと心から思う知らせが、今日届きました。
少し救われた気持ちになります。


いろいろなことがあります。
悲しいことも
嬉しいことも
悔しいことも
楽しいことも
うんといろいろなことがあるでしょう。
それでも、やっぱり私は生きていて、そんないろいろなことにその度に囚われ、もがいたり、あがいたりしながらも対峙してゆくのだと思います。


とっても感慨深い近頃です。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 未分類 |

♪ああ~あああああ~♪第一ラウンド

★『北の国から』第一話・第二話

実は私『北の国から』が全て手元にあるんです。
連続ドラマシリーズ、スペシャル共に。
なかなか観れずに放置していたのですが、観始めました。
まんまとはまりそうなわけで。
純はこんな幼い頃からこの口調なんですね。
蛍ちゃんは、めんこいし。


“お日さんをせながさしょえば
はんの木もくだけて光る鉄のかんがみ
お日さんは はんの木の向さ 降りでても
すすぎ ぎんがぎが まぶしまんぶし
ぎんがぎがの
すすぎの中さ立ちあがる
はんの木のすねの
長んがい かげぼうし
ぎんがぎがの
すすぎの底の日暮れがた
苔の野はらを 蟻こも行がず”
by.宮沢賢治

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画・舞台鑑賞 |

好むと好まざるによらず

★『私的生活』/田辺聖子

三部作の第二部です。
第一部は『言い寄る』。
復刊されたこのシリーズ。
第一部もそうだったけれど、今回もやっぱり装丁がかわいい。

さて、第二部ですが乃里子と剛ちゃんが結婚してました。
二人の楽しくてしようがない結婚生活から玉が出つくしてとうとう離婚というところまでが描かれてます。

乃里子のいうやさしみには自分と似通ったところがあるな、と思います。

やっぱりとても魅かれる小説。
書き抜き言葉多々あり。

装丁もかわいいし、読み返したくなるような作品なので手元に欲しいなぁ

今は第三部を読んでいます。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

明日晴れるかな

旅先の旅館で見たテレビ。桑田佳祐が歌ってた。

「愛」失くして「情」もない?

「哀」無くして「楽」は無い

「愛」失くして「憎」もない?



この歌、いい。


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

ぷらっと 総括編

053.jpg
3日間お世話になった北海道&東日本パス(普通列車限定)


リュックしょって、スニーカー履いて、時刻表を繰ったり、窓の外に過ぎゆく田園風景を眺めたり、心地の良い列車の揺れに居眠りしたり。

思い立って飛び出した東北鈍行列車3日間の旅路。
こういう時間の過ごし方があるんだ、と新たな発見。

満ち足りた旅でした。

20070910023318.jpg

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと 食べ物編

★1日目★

20070910030448.jpg
新宿駅構内のR1/Fで購入@車内

2007-09-06.jpg
新宿駅構内のR1/Fで購入@車内

20070910030631.jpg
新宿駅構内のR1/Fで購入@車内

20070910030718.jpg
タンたたき@仙台『雅』

20070910030731.jpg
タン焼き定食@仙台『雅』

旅の目的の牛たんを食べたあと、BARに立ち寄り、更に更にそのあと、歓楽街国分町に行き、ラーメンを食べちゃいました。

忘れてた!!
仙台駅に着いてすぐのこと。
駅構内に「すし通り」なる文字を発見。
吸い寄せられるようにそちらに足が向かい、見るだけ~なんて言ってたくせに、軽くつまんじゃいますか!?となって、スタンド式のお寿司屋さん「北辰鮨」に入店。
“軽くつまむ”どころか次から次に15種類くらいは食べちゃいました。
ウニ、アワビ、白魚、そい、こち、かます…。
種類豊富で、どれもこれもおいしくてねぇ。

この日は食べたねぇ~。
夜だけで寿司、牛タン、ラーメンだもんね。

★2日目★

20070910030754.jpg
冷麺@盛岡『ぴょんぴょん舎』

20070910030834.jpg
宿食@つなぎ温泉『山いち』

20070910030901.jpg
宿食@つなぎ温泉『山いち』

『ぴょんぴょん舎』では、冷麺のほか焼肉をつまみました。
旅館のお食事は、笑っちゃうくらい次々と出ました。
全部写メしたかったのですが、いかんせん携帯にSDカードを差し込み忘れてでかけてしまったせいでメモリ不足に陥り、残念なことに撮れませんでした。
どれもおいしかったけれど、鮎の塩焼きやお刺身、あと岩手牛が特においしかった。

★3日目★

20070908161907.jpg
うにめし&笹巻きえんがわずし@仙台駅売店※誠に残念ながら、3日目に食べた物の中で写メがあるのはこれだけ。

これ以外に食したものは、小岩井牧場でコーヒー牛乳とソフトクリームとチーズケーキ、一ノ関駅構内で立ち食いそば、宇都宮で餃子。


食べることが目的の旅路。
心残りは盛岡のじゃじゃ麺。

3日間、よく食べて、よぉーく飲んだ。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その14

携帯の充電の都合でリアルタイム更新できず

17:19 福島到着
17:24 福島発黒磯行き乗車

最初離れ離れの席でしたが、途中でお隣同士に。
早速、食べずに取っておいたうにめしを食べる。うまー。

19:17 黒磯到着
19:31 黒磯発宇都宮行き乗車

20:21 宇都宮到着

ここで途中下車。
目的は餃子。
宇都宮ですから。
駅近くのお店はどこも並ぶよう。
宇都宮を侮っていた。
諦めるのか!?
いえいえ、諦めません。
時間を多少ロスしましたが、宇都宮餃子館東口駅前店へ無事に入店。
ビール飲んで、餃子食べて、大満足、にっこり。

21:36 宇都宮発上野行き乗車
23:11 赤羽到着

この後は、赤羽~池袋~高田馬場と電車を乗り継ぎ、西武新宿線で帰りつきました。
到着した時には午前0時をまわってました。
盛岡を出てから約12時間後。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その13

20070908161907
15:43 仙台到着
16:05 仙台発福島行き乗車

駅弁を買い、福島行きの快速列車に乗り込みました。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その12

13:40 一ノ関到着
13:54 一ノ関発仙台行き乗車

一ノ関駅での乗り継ぎ時間に立ち食いのおそばを食べました。
大急ぎで食べなくちゃだったけれど、お腹が空いて不機嫌になりそうだったので大満足。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その11

小岩井牧場に別れを告げ、いよいよ帰路です。
12:11 盛岡発一ノ関行きに飛び乗りました。
盛岡には心残りが。
またいつかゆっくり訪れたいです。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと 番外編

20070908102731
バターちゃん。
睫毛が長くて美人さんです。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その10

20070908095023
はーい!
牧場です。
牛乳を飲みに…。
飲めないくせに。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その9

20070907155910
宿を取ってない旅なので盛岡駅で冷麺をはむはむしつつ今夜の宿探し。
温泉浸かりたいよね~。
携帯いじいじ、観光センターでもらったパンフを見たり、お財布の中を見たりして決めました。

盛岡駅からバスに揺られやってきましたのは、つなぎ温泉。
「山いち」さんという旅館にお世話になります。
こじんまりした旅館です。全館畳敷きで気持ちがいい。

食事はお部屋出しにしてもらいました。
山海の幸が食せるとか。
楽しみです。じゅるる~。

貸し切り風呂も予約しちゃったもんねー。

さっ、東北の旅も佳境。
楽しむぞ。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その8


新幹線を使いましたが、
12:35
無事に盛岡入り。

やっほい!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その7

ぷらっと北上の旅、二日目です。
ホテルで朝食を取り、10:40仙台発の電車に乗るために駅に来たら…
がびーん!在来線が台風の影響で運転見合わせ。
私たちが手にしている切符は在来線しか乗車できないのに。
駅員いわく、在来線は夕方まで運行しない可能性あり、だけど新幹線は動いてる、とのこと。

むむむぅ。
しかたなかんべぇ、と新幹線を利用することに。
気分を切り替え、新幹線の切符を手に乗り場へ。

あん(怒)!
止まってやがる。

と、怒りに任せblogの更新に精を出していたら、

運転再開です!

待ってて、冷麺。
待ってて、じゃじゃ麺。
待ってて、盛岡!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その6

20070906192553
仙台行きの電車の中で携帯をいじくりまわしホテルを予約。

セミダブルプラン1泊5800円!二人でだよ。

で、さっき到着しました。ホテルグリーンセレス。
ホテル側のご厚意でダブルの広めの角部屋を用意してくれてました。
ラッキー。
お部屋は実にシンプル。
清潔感もあるし泊まるだけなら十分です。
COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その5

20070906180440
17:53 仙台到着。
本日の逃亡目的地です。
牛タンを食べに来たのです。

むっきゃー!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと 番外編

郡山を出てからしばらくの間、車窓からそれは美しい虹を見ることができました。
うれしい。
COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その4

14:34 郡山到着
14:37発の福島行きの電車に乗り換えます。
郡山は仲良しの友達の故郷だけに興味があったけれど、乗り継ぎの都合で横目でチラリと眺めるだけに。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その3

20070906143920
14:02 黒磯到着
14:32発の郡山行きの電車に乗り換えます。
ちょっと時間があったので駅の外を探検。
閑散としている駅前。
和菓子屋で「柿のあん豆ふ」なるものを買ってみました。
COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと その2

20070906132341
13:04 宇都宮到着。
13:12発の黒磯行きに乗り換えです。
ビールを買いました。

この電車は停車中のドアの開閉が手動。
29歳にして初めて電車のドアを自らの手で開け、わずかに興奮を覚える。
またやりたい。
COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ぷらっと

11:14 新宿到着。
11:28 新宿発湘南新宿ライン宇都宮行きに乗車
COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

悪童には負けません。

花火をした職場の女子はその夜私の部屋に宿泊。
翌日は二人とも休日で、プールに行く約束をしていました。
朝は9時に起き出し、二人でベッドに入ったままDVDを一本鑑賞。
外はというと、野外プールへ行ったら唇紫は必至という空模様。
日焼けは極力したくない私としては野外プールはもともといまいち気が進まなかったのだけれど。
となれば、屋内プールでしょう。
でも、ホテルのプールなんかじゃつまらない。
スライダーとか流れるプールがなくっちゃ。
で、行きついた先はアクアブルー多摩という市営プール。
ここは室内でありながら、500円という破格でありながら、スライダーも流れるプールも50mプールもジャグジーもミストサウナだってあるじゃないですか。
行先決まり、いそいそと二人してビキニなんぞ着込んで、いざ。

ははーん、さすがは市営。
悪童とその親と初老の巣窟です。
ビキニ女子はちょっと肩身が狭い。
ですが、そんなこと気にしていられません。
私たちだって遊びたいから来たんです。
だから、悪童たちと共にスライダーの行列に並んじゃいます。
子供だましのようなスライダーだって歓声を上げちゃいます。
流れるプールで前を行く悪童のバタ足で顔面に水しぶきを浴びせられたって仏顔で受けとめてやります。
でも、ちょっと疲れるとジャグジーでお腹のぷよぷよを刺激し、刺激しすぎて痒みと戦いながら、ミストサウナで汗を流しました。
夕方になると悪童たちが減少、流れるプールにも少しばかり平和が訪れ、こども用浮き輪にぴったりと(やや無理に)はまった二人はたゆたゆと流されたりすることができましたし、ボディスライダーも並ばずに連続でできたりしました。
なんだかんだと4時間近くも過ごしました。

きっと悪童たちに負けず劣らず満喫していましたよ、私たち。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

私の夏、始動。

花火

水曜日の夜、花火をやりました。
数年ぶりの花火。
あまりに一本一本があっという間に終わってしまうのに吃驚。

線香花火1
一緒に花火をした職場の後輩女子、遊びの天才かもしれません。
桜の木の葉に線香花火を数本結わいて、一斉に点火!

線香花火2
地味な線香花火もこうやると華やかです。
新たな線香花火の面白さを見出しました。

買い込んだ時にはこんなにあったら何時間かかるんだろう、なんて思ったけど、瞬く間に終わってしまいました。
大満足の花火。
花火大会で夜空に咲く大きな花火を見るのもいいけれど、手元や地面から溢れてくる火花を見るのもまた楽し。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。