This Archive : 2008年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

後悔の夜

退屈で淋しい夜だった。
なのにこんな時間。
早く寝ればよかったな。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

むむむむむ…唸る。

★『流星の絆』/東野圭吾

久しぶりに東野圭吾の作品を手にしました。

一気読み。
ほぼ一晩で読了。
両親を殺された3人兄弟に育まれた絆、そして犯人の意外性…。
うーん、やはりというべきなんでしょう、惹き込まれるストーリー展開。
これだけ読み応えがあって、終始飽きさせずに駆け抜けていくことのできる作品を読むと、次に読む予定の本を開くのを躊躇ってしまいます。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

おいおい。

★『ウラナリ』(YA!entertainment )/板橋雅弘/〔著〕・玉越博幸/画

ちょっとしたきっかけで読み始めて、結局お終いまで。
メインメンバーのウラナリことハヤブサやサクラのこの先はあまり気にならないのだけれど、アサカゼ君はちょっと気になる。
とはいえ、思った以上にシリーズ化しててビビってしまった。
そして、びっくりしたことが一つ。
文章と挿画に相違が!
ポテトはオーダーしてなかったのにポテトが書き込まれていたり、サクラは制服姿なはずなのに私服だったり。
杜撰な感じがします。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

愛しみ、慈しむ。

★『食堂かたつむり』/小川糸

慈しみに溢れた小説でした。
食堂かたつむりで供される食事やその食材、また食堂かたつむりを訪れるそれぞれに裡に秘めた事情や感情を持ったお客さん、それから主人公倫子を取り巻く人々、細々とあらゆることに慈愛が満ちていて、静かに心へと沁み入ってきます。
一方で、自らの生活のがさつさに気付かされる。
(だからといって改めるかというとそうはならないことを私は知ってます。)

ふくろう爺に秘められたとびきりの愛情には打たれました。

ジュテームスープ、私も作れたらいいのになー。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

寂寞

★『風花』/川上弘美

なんだか寂しくて、次第に悲しくなってくる話でした。
夫に恋人がいたことがわかっても、離婚を口にされても、激昂できずにどうしていいのかわからずに停滞してしまうのゆりという女性に対して同情できず、読んでいるこちらが途方に暮れてきてしまった。
夫なのにぼんやりとした輪郭でしか掴めていない。そのことを夫の恋人の存在によって知らされていく感じがたまらない。
それでも、夫に対してあなたのことを好きだと言うのゆり焦燥感を抱き、常に等身大の姿で居続ける彼女を罵りたくなる。

夫婦の結末ははっきりと描かれていない。
けれど、たぶん別れないんだと思う。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

食虫植物女

★『ウツボカズラの夢』/乃南アサ

恐ろしい家族小説でした。
未芙由のようなカマトト女ほど恐ろしいものはないです。
大人しそうな彼女の胸算用にはまってゆく人々。
まさに未芙由は、落とし穴式で虫を捕らえるウツボカズラです。
何が何でも手に入れたいものがあるならば見習うべきなのかもしれません。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

元気が一番、元気があれば何でもできる

★『こうふくあかの』/西加奈子

こちらも4月中に読了していた本。
『こうふくみどりの』とはまた趣の異なった作品。
セックスレスの夫婦の間に子供が…旅先のバリで妻はバリ人と同衾。
生まれた子供は後にサミー・サムという名のプロレスラーになります。

ちなみに、アムゼンはたぶん『こうふくみどりの』で近所のおばちゃんの息子の嫁が生んだ子供なんだろうな。

猪木ってなんだかものスゴイ人。
ちょっと猪木本を読んでみたくなりました。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

胸キュン

最近、読書があまり進まない。
そして、本のblog更新をさぼってしまう。
スランプ。
そんな大層なことじゃないけど。

★『こうふくみどりの』/西加奈子

4月中に読了していた一冊。
中場利一にやや通づる胸キュンがある気がしました。
大阪弁のせいかもしれません。
いい話だったな。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

恐怖

休日による寝過ぎによって眠気がいまいちなところに地震が見舞う。
一度目は堪えた。
二度目は堪えられず、実家に電話。
電話をしたところで地震がおさまってくれるわけじゃないけれど、家族の声を聞いて、大丈夫だよと言ってもらうと恐怖が和らぐ。
地震に見舞われる度に一人暮しが無性に嫌になる。
世の一人暮しの人はどうしているんだろうか。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

5月朔日

 ★HAPPY BIRTHDAY

 会いに行くよ。
 

COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 行事 |

充実の一日

4月29日の祝日に清水へお引っ越ししたお友達に会いに出かけました。
もうあと数日後には赤ちゃんが出てくるという彼女は元気そうで一安心。

清水③

お昼ごはんは、河岸の市の中にある「みやもと」というお店で海鮮丼をいただきました。
左:三色丼(鮪、はまち、鯵) 右:鮪&うに丼!
美味しかったです。

ご飯を食べた後は日本平に出向き、お散歩して、ホテルのお庭でゴロゴロして、ホテルでお茶をいただきました。

そして、早めの夕食を食べに三島へ車を走らせました。

清水② 清水①

じゃーん、鰻です。
三島の「うな繁」というお店。
入店前、「天然うなぎ入荷しました」との文字を見た時には、せっかくだから天然を食べると意気込んでましたが、そのお値段たるや!いとも簡単に天然を断念しました。
いつか天然を喰ってやります。
左:駿河丼 右:うな丼

日帰りの旅路。
祝日だから高速道路の混雑を懸念しましたが、往復路共に順調。
出産前の彼女に会うだけが目的の旅路でしたが、別のお友達カップルとも清水集合となって総勢6名、美味しいものを食べられたし、観光もちょっとしたし、楽しい一日になりました。

遠いと思ったら遠いのかもしれないけれど、車に乗って3時間あれば会える。
また遊びに行こう、清水へ。
次に行く時には初対面の人が増えてるんだよなぁ。
楽しみ!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。