This Archive : 2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

願はくば有難うと云つて此の人生に別れませう。

★『これが佐藤愛子だ 自讃ユーモアエッセイ集 2』/佐藤愛子

2です。1と変わりなく、オモチロイです。
今回は、私が生まれた年前後に書かれた分でした。
私が生まれた年に著者である佐藤愛子さんは御年55歳。
キレキレの55歳ですよ、感心してしまいます。
度々登場する遠藤周作さんもオモチロイ方だしねぇ。

第三章「こんな幸福もある」の詩人福士幸次郎さんのエピソードにちょっと感動を覚えました。
近いうち彼の詩集を読んでみたいと思います。

佐藤愛子さん、まだまだ飽きません。なので、もちろん3も読むつもり。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

総括 vol.2

旅2日目。
尾道駅
レンタサイクルの台数には限りがあるので広島のホテルを朝7時過ぎにはチェックアウトして、尾道まで電車にて移動。

ママチャリ
無事に3日間お世話になるママチャリをゲット。

せっかくだから尾道ラーメンを食べたいと下調べしていた10時開店のお店に偵察に行ったら、なんと夏休み!
すごすごと駅前の観光案内所に。
11時開店だけれどと教えてもらった「朱華園」に。まだ開店まで時間があったけれど偵察に行ったら、既にお店の前に人が並んでいました。しかも開店時間よりも前にオープン。ラッキー!
食べてる間にわんさかとお客さんが入り、列を成していました。
朱華園 朱華園②
ぎょうざ×ビール、中華そば。

朱華園さんで満足してからアイスモナカを求め「からさわ」というお店に向かったら、ここもお休み!
たまごあいす
でも、フェリー乗り場の売店で売られていたからさわの「たまごあいす」を食べれました。

この後…いよいよ、しまなみ街道横断ママチャリライダーの旅本番突入です。

この日の最終目的地は宿泊先のある生口島の瀬戸田です。
尾道よりまずは渡船にて向かい側の向島へ。

向島から因島大橋を渡り、因島に。

因島から生口橋を渡り、生口島。

生口島に入ってからドルチェというお店でジェラートを食べて一休み。
瀬戸田の夏みかん、瀬戸田のデコポン、瀬戸田のレモン、伯方の塩の4種類を選びました。
伯方の塩がウマー。

その後、宿泊先へ。
宿の人に挨拶してサンセットビーチまでの道のりなどを聞き、荷物を置いてすぐにサンセットビーチまで行きました。
センセットビーチ
相方は海パンを持ってこなかったことをしばらく後悔した後、意を決し、ハーフパンツで海へ。
私は、岸へ泳いでゆく彼と沈みゆく夕日を眺め、その幸福な風景に満ち足りた気持ちになりました。

宿へ戻ってからは夕食。
オコゼのお刺身や天麩羅など。
宿のご夫婦に他の宿泊客とお喋りしながらの食事となりました。

夕食が物足りなかったという相方と夜のコンビニへ。
コンビニにギャルがわんさかいたのにはビックリしましたねー。
しかも、コンビニを出た後、野犬が3匹も!コワー。
宿にあった漫画本を読むうち、すこーんと眠りに落ちました。
旅の2日目はこうして怪我もなく、無事に終了。

この日のママチャリ走行距離は約30.5キロ
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

オーバー30男子の酒席と27歳女子のお誕生日会

翌日の日曜日で夏休み最終日という鈍太郎が、私をほったらかして土曜の夜に男友達と飲みに行くというので、なにそれ!と悲しくて、許せなくて、くっついて行きました。
輩
私はとにかく鈍太郎と一緒にいられるならばそれでいいのですが、鈍太郎をはじめここにいた輩は“男だけ”という時も過ごしたいとどこかで思っているんだろーな、と思います。
人って、欲張りだよなー。
なんで、一人の人と過ごすことだけに費やせないんだろう。
やや一人、ここ最近は好きな女の子のことだけでめい一杯だったらしいけど、でも、やっぱりずっとでしゃないんだなぁと思って、ちょっと寂しくなりました。

そして、月曜日。
遅ればせながら我が実家にてイワムー27歳のお誕生日会。
イワムーが青森旅行のお土産で「つゆせんべい」というお鍋に入れるおせんべいを我家用に買ってきてくれたと聞いて、お誕生日のメインは夏だけど…お鍋!
食事は私が担当。
鶏がら出汁を取った寄せ鍋、冬瓜の鶏そぼろと海老のあんかけ、おくらの胡麻和え、きゅうりとワカメの酢の物。
お鍋

バースデーケーキの担当は母。
仕事帰に伊勢丹でトップスのチョコレートケーキを買ってきてくれました。(私の要望だったんだけど…)
ちゃんと2と7のローソクも母は用意してくれてました。(ケーキ屋さんには娘の誕生日と言ったそうです。)
ケーキ

姉は特に担当はなかったのですが、プレゼントを用意してた!
すっごい可愛いロバが歌を唄うぬいぐるみとイワムーにピッタリなとんぼ玉のペンダント。
ケーキとロバの登場で一気に誕生日ムードが高まりました。
唄っている歌もカントリー調で陽気なの。

[高画質で再生]

ドンキー

[広告] VPS


お誕生日、おめでとさん。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

隙間時間

★『プール』/桜沢エリカ

イワムーが貸してくれたので、鈍太郎の電話を待っている間に読みました。
(電話、来なかったんだけどね…)
この作品、映画化される?された?んですね。
これが、映画化か。
どんな風になるんだろうと興味を覚えました。
偉そうだけど、確かに映像的要素はあるかな、なんて思いました。
COMMENT : 3
TrackBack : 0
CATEGORY : |

のっぴきならぬ

★『家に帰らない男たち』(扶桑社新書 023)/松井計

数人の家に帰らない男たちが出てきますが、どうなんだろう。
それぞれに家に帰らない事情・理由があるけれど、どれもこれも独りよがりで浅はかな愚行だとしか思えない。
男心が少しは理解できるかと思って手にした本だけれど、より不可解になった。
あーあ、ますます男の人がのっぴきならない存在になっちまった。

更に言わせていただきますとですね、本書の中に登場する家に帰らない男の過半数に妻がいますが、その妻たちの心境なるものも理解できませんでした。

はーぁあ。
世の中にはわからないことってたくさんあるなー。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

今のところ

旅行の備忘録を1日目だけ更新して、先に進まずして…。

★『神去なあなあ日常』/三浦しをん

今年読んだ本の中で一番好ましい作品だとしていました。
(が、旅行に出て、一番が変わっちゃった。一番は『ハブテトルハブテトラン』)
高校の先生と母親がグルとなり就職先を勝手に決められた平野勇気少年。
携帯も繋がらない山村に放り込まれ、就いた職業は林業。
小さな山村の暮らし、山の神秘、林業という自然を相手とした仕事の魅力と過酷さなど、私なんかでは想像もできない、知らない世界が広がっていました。
読書の醍醐味をたっぷりと含んだ素敵な一冊です。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

総括 vol.1

17日からスタートした4泊5日しまなみ街道横断ママチャリライダーの旅、総括です。
金曜日に帰還し、土・日はお仕事でした。
あー、あの瀬戸内の海が懐かしいぜ。

リアルタイムのブログ更新に励みましたが、まだまだアップしていない写真もあるし、忘れられない旅行だったので、ちんたらとでも旅行記録を残すことにしました。

旅1日目。
羽田朝ごはん
6時ちょっと前に家を出たので、羽田空港のプロントにて朝食。

羽田8時15分発の飛行機でビューンと広島へ。
アバウトな計画しか立ててなかったので、広島に到着後、さてどこ行こうかと相談し、宮島へ。
そう、世界遺産は厳島神社を見物です。

JRの宮島口駅へ到着してまずは、牡蠣を食べに。
広島の牡蠣は冬が旬のようですが、四季を問わず牡蠣を食べさせてくれるという佐久間海産商会というところにお邪魔しました。
広島牡蠣
お店のおじさんが焼いてくれたぷくぷくの焼き牡蠣!
こちらからした質問から始まったおじさんとの会話。
牡蠣の養殖方法やビジネスとしての牡蠣養殖業、美味しい牡蠣を作りたいという心意気など貴重なお話を伺えました。
季節が来た時、是非ここの商店の牡蠣をお取り寄せしたいなーと思える出会いでした。

続いては、もうひとつのお目当て、あなごめし。
ガイドブック等で紹介されている「うえの」というお店に。
お客さんが並んでました。店内で食べるには30分以上は待つということで、お持ち帰りに。
あなごめし あなごめし②
フェリーの中でがっつき、あっという間にお腹の中へと消えていったあなごめしなのでした。

お腹が満たされたところで、宮島に到着。
鹿
お出迎えは鹿です。やたらと人に慣れている奴ら。
近寄ってきたと思った時にはパンフレットを奪われ、挙句奴らはそれを喰ってました。

1250485328f.jpg
厳島神社は、満潮の時に観た方が幻想的で素敵なんでしょう。
大鳥居の下まで行けたのはそれはそれで良かったけどね。
偏頭痛に見舞われ、廻廊の見学をパスし、千畳閣で一休み。
その後は、お土産屋さんなどが立ち並ぶ参道のようなところにある薬局で頭痛薬を買って飲んで、ついでに牡蠣クリームコロッケやたこねぎ天を買い食い。
牡蠣クリームコロッケ、美味しいです。

宮島を堪能?した後、宿泊先のホテルがある広島市内へ。
市内に入ってから、一番に向かったのが山田電気。(リアルタイムブログ参照
そして、広島といえば、お好み焼き!ってことで、もちろん食べに行きました。
目的としていたお店が夏休みだった(がびーん)ので、引き返す道の途中にあった「元祖へんくつや本家かわはら」というお店に。
とんぺい焼き お好み焼き
とんぺい焼きとお好み焼き。
この時は後で広島つけ麺なるものを食べようと企んでいたので、やや控えめ。

お好み焼き食べて、ホテルへ。
ホテルに着いて荷物を置き、休息もそこそこに広島つけ麺を食べようと再び外出。
原爆ドームのライトアップを10時までやっているとホテルのフロントの方が教えてくれたので、つけ麺の前にと足を向けました。
原爆ドームへ向かう川沿いの道にはさまざまな碑などがあり、それぞれを見ていくうちにえもいえぬ気持ちになり、泣きそうになりました。
間近で見た原爆ドームは胸に迫るものあり、とてもじゃないですが写真に収めるということが憚れ、撮りませんでした。
言葉として決して適当な表現ではないと思いますが、見て良かったです。

原爆というものの不条理さに打ちのめされ、更には一日の疲れが滲み出てきて精神的・肉体的疲労を覚えつつ、望むようなつけ麺屋さん(時間が時間だけに閉まってしまったりしていた)を求め彷徨い歩き続けるうち彼との空気も険悪に。
挙句、つけ麺を食べずして、どんよりとホテルへと帰ったのでした。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

週末は

1251023582-090823_192130.jpg
サッカーなのです。
FC東京vs鹿島ね。
アウェーなのです。
だから、吉祥寺のHUBにいるわけです。
画面に目をとられながら酒をくらうせいでお気に入りのワンピースにタラタラと酒を零すのです。

残念なことに前半で鹿島さんに2点先制されまして…。女神は神話だった!?説有力となりつつある中、負ける気がしねー、と強がってみたりする今宵なのです。

私の脳内では早くも後半で東京が3点を奪い、アドレナリンがどしどしと流れている我が身が見えています。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

だらだら

1250826602-090821_124811.jpg
12時くらいに高松空港に着きました。
飛行機は14時15分発です。軽く2時間はあるわけです。
羽田空港ならばお店もそれなりにあるけれど、ここには最低限しかありません。これは想定外でした。
飛行機の離発着をのんびり眺めるのもよかろうと展望デッキ(100円)に。
先ほど、2機ばかり立て続けに離陸しました。
が、これ以降私たちの乗る飛行機が到着するまでは離発着なし!
つまらーん。
デッキのベンチでビール片手にごろんごろんしています。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

最後の晩餐

1250767142-090820_192652.jpg
愛媛県は今治からレンタカーにてうどんを食べながら香川県へ。

ただ今、高松。
骨付鳥の一鶴に。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

食べるのじゃ

1250733431-090820_102538.jpg
宿で朝ごはんをいただいた数時間後…
七輪で自分が選んだ海鮮を焼き焼き。
海を眺めながら最高!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ふー

1250667425-090819_163304.jpg
1250667423-090819_163243.jpg
1250667422-090819_163020.jpg
本日のお宿に到着。
すごい綺麗!
窓からは海、お部屋にロフト、それに洗面台も素敵!民宿とは思えないよ。
今から前の海に泳ぎに行きます。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

腹が減っては…

1250658663-090819_132405_ed.jpg
1250658662-090819_132449_ed.jpg
皆さん、伯方島ですよ。
伯方の塩ラーメンとつけ麺で腹ごなし。
この後、伯方・大島大橋を渡り、今夜の宿泊先のある大島まで10?以上走るのよー!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

これより

1250654470-090819_125911.jpg
伯方の塩で有名な伯方島に入ります。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

至福の時

1250650990-090819_120038.jpg
大三島に入り、すぐのところの多々羅しまなみ公園で一服。
ビールうまー。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ノリノリ

1250649422-090819_113511.jpg
拍子木叩きすぎです。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

県境

1250648943-090819_112753.jpg
愛媛県突入!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

本日一本目

1250647442-090819_110051.jpg
多々羅大橋。
今からあの橋を渡ります!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

あれ?

1250646602-090819_104817.jpg
ドンカバチョが!?
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

波をちゃぷちゃぷ♪

1250646421-090819_104412.jpg
ひょうたん島はどっこへ行く
僕らを載せてどこへ行く~うぅぅ♪
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

サンセット

1250586543-090818_180706.jpg
瀬戸田サンセットビーチ。
美しいですなー。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

ひぃひぃ

1250576582-090818_151913.jpg
今からあの橋を渡ります!生口橋です。
この橋を渡れば今夜の宿泊先がある瀬戸田です。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

スタート

1250565845-090818_121316.jpg
尾道でラーメンいただきまして、渡船で向島に入りました。
いよいよサイクリングスタートって感じ。
まずは因島に入るために因島大橋へ!
7?もあるよ…。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

自転車

1250557442-090818_100002.jpg
3日間お世話になる自転車。
マウンテンバイクもあるにはあったのですが、何しろ肩にリュックをしょったまま行くのは耐えられそうにないというわけで、ママチャリ!
行くぜ~!
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

広島~尾道

1250549364-090818_074513.jpg
おはようございます。
いよいよ今回の旅行の大本命しまなみ街道自転車の旅に突入するべく広島より尾道へ向かっています。
朝ごはんはカープおにぎりとカープ緑茶です。
本日も晴天なり!
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

やまーだでんき♪

1250507373-090817_200145.jpg
広島市内に入り、一番に向かったのは山田電気。
そして、なんとぉ~!
デジカメをお買い上げ!
プレゼントしていただきました。
わっしょい、わっしょい。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

世界遺産

1250485328-090817_140018.jpg
厳島神社です。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

タイトルなし

1250477587-090817_115047.jpg
宮島口駅到着。
ここから宮島にはフェリーに乗ります。
が、その前にあなご飯を食べる産だん。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

タイトルなし

1250472782-090817_102942.jpg
白市駅(しらいち)から宮島へ。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

広島空港着

20090817100729
広島に着きました。
さて、どこ行くかとなり、一路バスと電車を乗り継いで宮島へ向かうことにしました。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

いってきま~す!

20090817080051
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

カウントダウン

明日、仕事に行けば夏休み!
無理矢理ながら確保した6日間。
17日から5日間はいよいよ旅行~。

この間姉からリュックを借りてきたし、そろそろ荷造りしなきゃと、まずはサングラスを借りに再び姉の元に。
さすがは着道楽。サングラスだけでも出てくる出てくる。二人でかけてみては笑い合い楽しんでいたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
日付が変わってから自分の部屋に戻り、お次は水着。頭に過ぎる不安あり、一人試着。
ややや、3着ともキツイぜよ。お腹周りに何かはみ出ているぜよ。
んーまっ!
着る機会あるかわかんないし、まぁいいや。
超お腹に力入れてればなんとかなるでしょ。

遅々として進まぬ荷造りなのでした。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

大満喫

★劇団、本谷有希子 第14回公演『来来来来来』@本多劇場

観て参りましたぁ!
相変わらず、これから始まるという時に鳥肌が立ちます。
ど田舎に嫁ぎ、新婚1ヵ月で夫に逃走され、義母と兄嫁に「こき」使われる自衛隊出身の蓉子(りょう)が主役です。
ストーリーを語るのは困難なので割愛。
今回はりょうさんがメインキャスト。それが今回の舞台の楽しみのひとつでした。
ものすごい頭や顔が小さくて、華奢で、素敵な女性でした。
ただ、羽鳥名美子さんや吉本菜穂子さんの気迫にはかなわない。
吉本菜穂子さんは声を聞くだけでズルイって思うけれど、今回の役柄は特に。
あそこが優しいって!(この言い方使えるじゃないか)
お芝居は観る度に、もっと観たいなーと思います。

さて、お芝居を観た後は、ビールを求め下北沢から三軒茶屋まで友人と彷徨い歩き、とあるカフェでビールを。
その後、飯田橋でまたもう一人の友人と待ち合わせ、神楽坂で酒盛り。
互いの近況に始まり女と男のあれこれを語り、12月に結婚式を挙げる友人の余興話で盛り上がりました。
呼びかけ、かなりいけてたと思うんだけどなぁ。しかし、笑えました。
COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画・舞台鑑賞 |

テンション

今日は午前中に2時間ばかりお仕事をしたらトンズラします。

午後はお友達と落ち合って下北沢で観劇。
舞台が愉しみでテンションが上がりすぎ、仕事が上の空になりそう。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

感無量

17日からの旅行に500円玉貯金を使おうと鈍太郎が言ってくれました。
今日はその貯金箱をオープンする儀式を執り行いました。

500円玉貯金

オープンを控え、鈍太郎はトドメの投入金を用意してくれていました。
お財布から一枚、また一枚と500円玉を手品のように出す鈍太郎に「ありがとう」という気持ちで一杯になり、思わず泣きそうになりましたが、しみったれた儀式にはしたくなかったので、ぐっと堪えて、笑顔キープ。
500円玉貯金

いよいよです。
僭越ながらわたくしが缶きりでクィックィッと。
500円玉貯金

パンパカパーン!
500円玉貯金

貯金箱から鈍太郎が取り出しては私が並べるということを繰り返し…
500円玉貯金
見事、圧巻です。

この500円玉貯金の99%は鈍太郎が貯めてくれたものです。
彼は小銭がある時でもあえてお札で支払いをしたりしながら、コツコツと日々500円を作り出していました。
ひとつのことを続けることができる彼のことを私は素直にすごいなと尊敬しているし、またこの500円玉貯金を続けてきた彼の気持ちや、日々の努力には感に堪えないものがあります。
日増しに増えてゆく貯金箱の重みに嬉しさを感じてはいたけれど、今日この貯金箱を開けることになって、何よりもそこに込められた彼の気持ちを改めて感じました。
そんな彼に「ありがとう」という言葉しか伝えることができなかったのだけれど、その言葉では足りないくらい色々な優しい気持ちに包まれました。

笑っても泣いても喧嘩しても、旅先で(その先もね☆)彼とのポップな愛を育むべく、楽しんで参りたいと思います。
まずは、私たちの夏、始動です!
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

準備不足

◆『100まんびきのねこ』(世界傑作絵本シリーズ)/ワンダ・ガアグ ぶん・え・いしいももこ やく
欲深いおじいさんの話か?と思ってしまった。

◆『まあちゃんのながいかみ』(こどものとも傑作集 105)/たかどのほうこ さく
まあちゃんの発想が豊かで面白い。魚を釣る、洗濯物を干す、10人の妹が髪をとかすの3つが私はお気に入り。洗濯物のシーンでまあちゃんが読んでる本が『どろんこハリー』なのがちょっと笑えた。
まあちゃんの妄想を聞いて、はあちゃんとみいちゃんが最後にうっとりするのも可愛い。

◆『のぞいてごらん』(こどもプレス)/accototo 作・絵
ちょっとしたしかけ絵本。おしゃれ感が漂うけど、個人的にはあんまり。

◆『きんぎょが にげた』(福音館の幼児絵本)/五味太郎 作
目で追う楽しさがあるのかもね。

◆『よるとひる』/マーガレット・ワイズ・ブラウン ぶん・レナード・ワイスガード え・ほしかわなつよ やく
よる猫とひる猫のおはなし。よる静寂とひる賑やかさそれぞれの魅力が絵の中に。

◆『よかったねネッドくん』(チャーリップの絵本)/レミー=チャーリップ ぶん・え・やぎたよしこ やく
FORTUNATELY!はカラー、UNFORTUNATELY!はモノクロ。

◆『がたごとがたごと』(絵本・こどものひろば)/内田麟太郎 文・西村繁男 絵
もし電車に乗ったことがなかったら、電車乗るとこういうところにたどり着くのか!と恐怖を覚えるかもしれぬ。ページをめくる楽しみはあるね。

◆『しろねこしろちゃん』(福音館の幼児絵本)/森佐智子 文・Maya Maxx 絵
『まっくろネリノ』を彷彿。ネリノより陽気な感じだけど。

◆『へんなおにぎり』(福音館の幼児絵本)/長新太 さく
いいね~、好き。媚びない淡々とした文章がとみにいい。

◆『ピーのおはなし』(幼児絵本シリーズ)/きもとももこ さく
色使い鮮やかでボストン・テリアというビジュアル要素強。でも、おはなし自体はどうかな。

◆『おーくんおんぶ』(0.1.2.えほん)/かたやまけん さく
おーくんが次々といろいろなものをおんぶして、どっしーんまではいいんだけど、最後お母さんでてくるのが…。

◆『うさこちゃんとうみ』(子どもがはじめてであう絵本 2)/デイック・ブルーナ 作・絵・石井桃子 訳
「よろしい」とか言葉が素敵だなぁ。

◆『なにをたべたかわかる?』/長新太 作
最高!シュールだよねー。でも、すごい好き。3回読み返して、毎回笑ってしまった。


お話会かぁーと思いつつ、直前になるまで重い腰上がらず。
結局、いつか使おうと思っていた『にんじんのたね』、もう一冊は夏だしという理由で『うさんこちゃんとうみ』を読む。
個人的には『なにをたべたかわかる?』をぜひとも読みたかったけれど、乳幼児相手にこれをセレクトした際の親の反応に恐れをなし、断念。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : |

親達の婚活

★『シングルベル』/山本幸久

本人達の意思なんてそっちのけで独身のわが子の結婚に奔走する親達、果てはお節介が道楽のような叔母軍団までが登場し、あれやこれやと手筈をしてみるも、当の本人達は…というストーリーです。
とぎれとぎれで読んでいたためか、いよいよラストというシーンに十分な満足感が得られず。
ん?という感じで読了してしまいました。
そもそも私の理解力というものが不足しているのかもしれませんが、その女性を見る時、陽一の目が★になっている、またその女性も陽一を見る時の目が★になっているという、その女性というのが誰なのかはっきりとわかりませんでした。ライブってことは…彩子なのかな?
あえてそのあたりをはっきりとさせずに含みを持たせたのかしらん?
COMMENT : 1
TrackBack : 1
CATEGORY : |

お言葉

本日のcarebears先生のお言葉はこちらでした。

carebears message3

まったくいいこと言うよね~。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

更生プログラム

過日、酒席で多量のアルコールを摂取し、自らの行動を完全に失念するというあるまじき過失を犯した鈍太郎さん。
そんな彼には現在、酒禁止令(私のいない場に限定)が発布されております。
が、四六時中私が見張っていられるはずもなく…。
そんな中、優しきCareBears先生が立ち上がりました。
危険な曜日・時間帯になると先生から鈍太郎へとメッセージが送られます。
まさにCareBears先生!というお仕事ぶりです。

月曜日
carebears message1

水曜日
carebears message2

次はどんなお言葉でしょう。

あれれ、写真のサイズが違う!ご愛嬌。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

岸和田の血vsアルゼンチンの血

久しぶりに家ごはん。
1ヵ月ぶりくらい?その前も久しぶりだったけど・・・。しかも、その時はお鍋だったな。

冷奴
メインは、鈍太郎リクエストの冷奴。
薬味にととろ、オクラ、小葱、みょうが、シソ、しょうが。
お豆腐は、ご近所のお豆腐やさんの笹の雪というもの。
これがなめらかでとても美味しいんですよねー。
あと、タコ入りサラダ。
あれー、写真に写ってないものがある!
谷中しょうが!
鈍太郎が持ってきてくれたんです。
やっこく(柔らかい)て、筋なんかなくてすごい美味しいの。

チキンのオーブン焼き
そして、鶏肉と夏野菜のオーブン焼き。さっぱりしすぎるかなーと思ってチーズを載せました。

パスタ
〆はパスタ。
海老とベーコンにしめじとアスパラとしそ入り。

食事が一段落して、あとはつまんで飲んでという段になってからyoutubeでアルゼンチンのサッカーチームのサポーターの応援なんかを見始めたら、「あやちんには岸和田の血が流れているそうだけど、僕にはアルゼンチンの血が流れてる」と鈍太郎が夢中になり、つまみを食べる手も完全に止まっていました。
アルゼンチンの血が流れている鈍太郎は食後に一人で変な踊りをして、疲労困憊。
しかも、旅行の宿泊先を決めたりするはずだったのに、アルゼンチンの血に完全にやられ、旅行の話はせずに終わりました。
今月17日から4泊5日で旅行に出るのですが、手配が済んでいるのは往復の航空券と一泊目の宿泊先だけです。大丈夫なんでしょうか。

さてさて、家ごはんってなると、なんとなくいつも同じような感じになります。
まー、そもそも調理という概念は考慮にないようなミニキッチンですからね、なってったって。
そのわりに我ながらよく作ってるなと思いますが。
COMMENT : 3
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

文化的な一日

paul gauguin

先週の休日の水曜日、有給休暇を取った母と東京国立近代美術館で開催されているゴーギャン展に行ってきました。
今までにゴーギャンの作品は他の美術館でたまたま拝見したことがありますが、今回は初期から晩年の作品まで一同に鑑賞。
やはりタヒチ時代を経た後の作品が私にとってはゴーギャンのイメージ。
もともとゴーギャンは株式仲買人だったらしく、画家として生きたのは34歳以降。
私にもまだ画家の道があるかも!?そんなことを思いつつ、小1時間で鑑賞し終えました。
やっぱり、眼はもとより心にドカンと来たのは今展覧会の広告・チラシにある『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』でした。
139.1×374.6cmという超大作です。ゴーギャンの精神を捧げた集大成。
一人静かにじっと見てみたくなる、そんな作品。叶わないけどね。
あと私にとって印象的だったのが『ステファヌ・マラルメの肖像』。
あぁ、ゴーギャンはマラルメと同じ時代を生きた人なのかと美術よりかはまだ文学に近しい私は思ったのでした。
思ったよりも早くゴーギャン展を後にしたので、共通券もあるしと東京国立近代美術館の所蔵作品展も鑑賞。知っている美術家さんも数名いましたが、母と芸術ってよくわかんないよねと言いながら見て回りました。

美術館を満喫した後、毎日新聞社の下の上島珈琲店(何気に初めて入った)でお茶をして、以前仕事で竹橋に来た時に目にして以来気になっていた学士会館を見物。
学士会館 学士会館② 学士会館③
ここは昭和3年に建築され今では登録有形文化財です。
ほんのちょっと前に仕事で建築家の佐藤功一の作品について調べていて、昭和初期に建てたれた建造物の写真が掲載されている資料などを漁っていたりしたので、なんとなくいつもより興味深々。
明治~大正~昭和初期頃の建築物で現存しているものには素敵だな思うものが多いです。
学士会館も照明や扉、建具などが重厚で味わい深くてとっても素敵でした。
内部は宿泊施設やレストランがあり、しかも結婚式が挙げられるようですが、そもそもここは旧帝大の関係者の同窓会組織のためというような施設ですので誠に残念ながら無縁です。
母はせっかくだから1階のレストランでお茶でも飲もうと言ったのですが、お茶を飲んだばかりだったし、レストランのメニュー表に「出身校のマグカップが選べます」など書かれており、私は萎えました。
ちなみに2階にあったこれまた素敵な広間は今の時期ビアホールになっていました。

学士会館の後は、母を歩かせるのはどうかなと思ったけれど、夕方になって気温も落ち着き気持ち良い風が吹いていたので、お壕沿いを歩いて千代田区立図書館まで徒歩で向かいました。
library
図書館というものを越えた感じ。すごいなー。

午後から出かけたわりに、充実した一日。
東京に住んでいながらも行っていないところって山ほどあるし、気になっていながらも見ていないものもごまんとあるもんです。
社会人歴約10年、転職歴1回になる私は、土日休み経験がありません。
こうやって外に出てみると、土日休みで好きな人と色々なところを歩いたりするのは楽しいのかもなーと思ったりします。
平日はどこもわりと空いているから一人でも出かけたらいいんでしょうね。
でも、一人よりは二人で見たり、観たりしたいなと思います。
思えば、美術館やら展覧会には私に都合を合わせてくれる母と行くことが多いです。
それはそれで気楽だし、良いことですが。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

夢と現実

20090801194909


土曜の夜は吉祥寺HUBにてFC東京vs川崎フロンターレの試合をモニター観戦。
緑のお花柄のお気に入りのチュニックを着て行った女神。
可愛いねと誉めてもらえるのかと思えば、「緑か…」とダメだしをしてきた鈍太郎です。
けっ、青じゃないだけいいじゃないか!
ダメだし鈍太郎には、HUBへ向かう道々で夢に見た試合について語ってやりました。

そしたら、試合展開が夢の通りじゃないですか!
正夢か。
あぅあ。
女神は予知夢まで見てしまうようよ。
それにしても、サッカーの夢を見るようになるなんて。
COMMENT : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。