This Archive : 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

思い出できた

日本のW杯、数々の感動を見せてくれて、フィナーレ。
試合を目にしては、ピッチに立つ選手、ベンチで控える選手、またチームを率いる監督、支えるスタッフの心持ちというのはいかばかりかと思っていました。

そして、今回のW杯でまた思い出がひとつ増えました。
笑える思い出。
私がこの思い出を振り返り笑う度に鈍太郎は苦虫を潰したような顔するんだよ。

楽しみだね
スポンサーサイト
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

始まるよー

あとちょっとで始まるね

W杯で日本がベスト8をかけてピッチに立つのはお初なんだよね☆(※自国開催除いて)
快挙です。
なんだか本当に「すごい」という気持ちに満ちてきます。

外は雷がゴロゴロ、雨ザーザーです。
何かが起こりそうな気配のように感じます。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

ゆく道

★『男おひとりさま道』/上野千鶴子

ベストセラーとなった『おひとりさまの老後』は未読で読みました。

男おひとりさま道、いろいろと配慮すべきことがあるみたい。
10カ条をあげ、その道を指南してくれています。
中に“過去の栄光を誇らない”というのがありますが、男にしても女にしても未来よりも過去の方が長くなるわけですからきちんと意識していないと過去が顔を出してしまうんでしょうね。
読み終えて気付かされたのは“縁”は必要だということ。いわゆる友です。
遠くの家族より身近な友。
今現在友達が少ない上に友達を作るのが不得手な私には大きくはだかる課題になりそうです。

どうやってひとりの老後を過ごすか、どうやって死にたいか、今から想像したり考えたりしても早すぎるということはないように思いました。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

no title

勝って決勝トーナメント!

快挙です。


良い眠りにつけそうです。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

前半終了

外が明るくなってきています。

日いずる国、後半も頑張って欲しい。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

きたー!

ガチャピン

ふえぇ~!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

なんか、もう

もう終わって欲しい。
早く、時間が経って欲しい。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

おー!



早速、起きていた甲斐あったぞよ!
フリーキック、見事
興奮して鈍太郎に電話かけたけど、出なかった。
でも、「無理はするな」というメールが…。

GK川島、今日も素敵
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

逡巡

20100624
今日(正確にはもう昨日か)、職場でデンマークのお菓子を食べたのよ。
ものすごく甘かったけど、喰ってやった。
小腹空いてて美味しかったんだけどね。

あ~、しかし、眠くなってきた。
寝てしまいたいかも。
あと、1時間はあるよ。
サッカーを心底から好きというわけじゃないし…。
でもな~、4年後があるとも限らないし。
それに、ここまで起きて頑張ったからな。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

安定は情熱を殺し、不安は情熱を高める

★『ひとりを愛し続ける本』/遠藤周作

しばらくの間、本棚で眠らせていた本。
起こしてみました。

結婚と恋愛は違うもの、愛情と熱情は違うものであるという考えから導かれるひとりを愛し続ける方法は、

・情熱のかわりに連帯感と多くの男(女)のなかからこの男(女)が自分の人生の伴侶になったおいうふしぎな縁の尊重を大切すること。

・自分の心をゴマかし、ダマし、とも角も共同生活をつづけていく努力と忍耐を捨てぬこと。


なるほどねと思いながらも、なんて退屈なことなのだろうと唖然。
この結論が退屈なのではなく、ひとりを愛し続けるということがこんなに退屈なことなのか!?と。
とはいえ、確かに熱情というのは激しいだけに長く燃えつづけることは難しいからね。

この本、中盤からはひとりを愛し続けることへの指南から遠ざかっていきます。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

死に物狂い

職場でもW杯の話題がのぼる今日この頃。

イタリア対スロバキア戦は今、ロスタイムに入りました。
スロバキアが3点目を決め、イタリアと2点差となり、ディフェンディングチャンピオンのイタリアもここで敗退かと思いきや、なんとイタリアは1点を奪取。
なにがあるかわからない、そんなことを思わせる試合です。

このあと、数時間後に日本はデンマークと戦います。
最後までなにがあるかわかりません。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

言葉武装

さて…面白くない話です。

つい最近、本を読むということについて非難がましい(あくまでも非難ではないそうです)ことを言われました。
正確には「君は本しか読んでいないじゃないか」と言われた。
きっと私の社交性ないしコミュニケーション力のなさ、場の空気の読めなさを非難したかったのがこの言葉になったのだと思う。
でも、残念ながら正直言って私はそんな非難を受けられるほどの読書家ではないし、私くらいの読書量の人間なんてごまんといます。
そして、そもそも本を読むことと彼が非難したかった私の欠落部分に関係性があるとは思えない。
本を読まずにいれば社交性が増し、円滑なコミュニケーションが取れるようになり、場の空気を読めるようになるのでしょうか。
人の欠落部分を非難する際に飛躍した論理を展開させても無駄です。
不毛に終わります。
現にこのやりとりで私はより依怙地に読書に執着してやると思うくらいですから。
人と顔を付き合わせることから学ぶことは確かに沢山ありますが、本を読むことから学ぶことだって大いにあります。
どこに、何に重きを置くかなんて自由だし、大切なものや必要なものを自分の中に形成していく手段に何が相応しくて何が相応しくないなんて誰かに指図されるものでもないし、指図すべきことではないでしょ。

言葉は武器にも凶器にもなる。
とはいえ、腕力を前にしたら言葉では歯が立たない。
腕力が欲しいこの頃です。
最近、「サンボ」の存在を知りました。
殺傷能力もあるようだし、「サンボ」にちょっと魅かれます。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

★『あなたみたいな明治の女(ひと)』/群ようこ

8人の女性の評伝。
森峰子、高群逸枝、木内キヤウ、富本一枝、福田英子、宮田文子、網野菊、小林信子。
こういう本を読むと参考資料として挙げられている本や彼女たちが実際にこの世に遺していった本などを読みたくなるし、彼女たちと交流のあった人々までをも知ってみたくなる。
知りたいという欲求が生じるということは同時に知らないことが無限にあることを思い知ることでもある。
わたしには知らないことがたっくさんある。どこからどう手をつけていいかわからないくらいある。
そのことに以前よりも強い焦燥感を抱くようになった。
たった一冊の文庫本から無限に読書領域は広がる。
一冊の本の出会いから本と本を読み繋げていくのはきっと面白いのだろうな。
いつか読書家になってそういうことができるようになったらいいのにと思う。
今回とても興味を惹かれた高群逸枝の『愛鶏日記』はせめて近い将来読みたい。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

遊ぼうよ、パラダイス♪

★『あさきゆめみし 源氏物語 1』/大和和紀

高校生の頃に一気読みして以来の再読。
光源氏の魅力ってなんなんでしょう。
いささか強引なところとか?タフなところとか?
私としては、数々の女性にアプローチしてもそれぞれに対してのフォローを怠らないところを評価します。
でも、藤壺中宮に対する恋慕にはマザコン感が否めないし、紫の上に対する情にはロリコン感が…。

それにしても、男女が和歌に思いを託し合うってすごいよね。
末摘花にちょっと親近感を感じます。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

始まるよ


ニッポン!
ニッポン!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

皮肉な憂鬱

★『憂鬱なハスビーン』/朝比奈あすか

存在は知っていたものの始めて読んだ作家さん。
作品数はまだ少ないようです。最近新刊が1冊出版されてました。
ちょっとしたきっかけあって読んでみました。
この作品は彼女の初の小説作品で、第49回群像新人文学賞したもの。

東大出て、大企業に勤めて、弁護士でいつだって優しい夫を持って。
そんなバラ色的人生でも憂鬱になるのねー。
彼女が適応障害に陥った要因とは何なのか…
自分への期待度が高いせいか?
挫折らしい挫折をそれまでにしてこなかったせいか?
今もこれまでも何者でもなかった、何者にもなれなかった私には無縁な憂鬱です。

諦めずに頑張ることが美徳とされやすいけれど、諦めることを決断する勇気も美徳。
諦めるのってそんなに悪しきことでもないと私なんかは思いますね。
私の場合、諦めるというより怠けることが多いけど。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

教えてもらえない偉人の姿

★『石川くん』/枡野浩一

傑作です。
“石川くん”とは、サッカーをやっている石川ナオのことではありません。
歌人石川啄木のことです。
教科書に載るほどの歌をこの世に遺した石川啄木がなぜ“石川くん”呼ばわりなのか。
それはこの本を読めば納得します。
また、現代を代表する歌人!?である桝野さんの手によって今の言葉に変身した啄木の歌の数々は、好きでも嫌いでもなかった彼の短歌を好きにさせてくれたりもします。
『ローマ字日記』は読んでみたいね。

ちなみに…啄木の短歌といえば、

不来方のお城の草に寝転びて
空に吸はれし
十五の心

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢつと手を見る

ふるさとの訛なつかし
停車場の人ごみの中に
そを聴きにゆく

などは教科書などでもお見かけして有名ですよね。
でも、他にもいろいろと素敵な短歌がありました。

友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
花を買ひ来て
妻としたしむ

一度でも我に頭を下げさせし
人みな死ねと
いのりてしこと

どんよりと
くもれる空を見てゐしに
人を殺したくなりにけるかな
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

托卵

★『カッコウの卵は誰のもの』/東野圭吾

話の展開が上手だなぁってつくづく。
誰に育てられるかということも大切なことなのだろうけれど、どう育てられるかということが何よりも大切なのかもしれません。
ちなみによく思うことなのですが、今作品を読んで改めて男性ってちょっと不憫だよなと思いました。
自分の子どもだという確信を持つことが難しいものね。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

幽霊になっても。

★『天国旅行』/三浦しをん

“心中”をテーマとした短編集だったそうです。
知らずに読んでました。
7編のうち、印象的だったのが「星くずドライブ」。
死んでしまったけれど彼の前に現れた彼女、そんな彼女のことが見える彼、もどかしさに気持ちがいっぱいになってしまった。
幽霊になっても鈍太郎と会ったり会話ができたらいいなと思うけれど、きっと彼には幽霊の私が見えて、会話をしたりできる特殊能力はないだろうなと思ったら、少し寂しくなった。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

前半終了



バンビちゃん:入ったわね

スカンクちゃん:本田君落ち着いてたわ

バンビちゃん:本田君、エトーと頭を撫で合ってたわよ

スカンクちゃん:たまらないわね
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 行事 |

始まるわ

W杯、いよいよ日本戦だわよ。

ふふ。
みんな寝不足になるね。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 行事 |

アヤリン タベタ イ セノアジ


まつさかうし串。

20100610⑧
6月~7月と旬が短い岩牡蠣。

20100610
伊勢えびのあら汁。

20100610②
大あさり。でかー!

20100610③
地酒。

20100610④
伊勢うどん。

20100610⑤
伊勢だもの、赤福!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

アヤリン タベル ナ ゴヤメシ


@味仙。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

アヤリン タベル ナ ゴヤメシ



@あつた蓬莱軒本店
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

アヤリン イン ナ ゴヤ


名古屋にいます。

新幹線に乗って、静岡を過ぎたあたりからお天気もご機嫌になりました。

今日は名古屋城~熱田神宮を周りました。

明日は朝から特急に乗って、お伊勢参りです!
パワースポットで汚れを禊ぎます。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : おでかけ |

☆ロックの日☆



6月9日がお誕生日のお友達が2人いることを今日になって知りました。
なので、記念にお祝いコメントを。

ゆきちゃんへ
お誕生日おめでとう。
夫婦になって初のお誕生日だね。
素敵な一日、一年を!!

代表へ
お誕生日おめでとう。
私の長年のお友達と同じ誕生日で覚えやすいわ。
代表にとって素敵な一年でありますように。

ちなみに、わたくし、今日から東京をドロン。
名古屋~伊勢の旅に出ます。
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 行事 |

手術

20100604

長年お気に入りのタオル地のこの子。
頬ずりしたり洗濯したりを繰り返すうち頭部などがボロボロに。
ずっとどうしたもんかなーと思いながらもそのままになっていたのですが、今日やっと頭部を手術。
だけど、あてがったのは水色のタオル!
実家で具合の良いタオルはないかと母と一緒に探したのだけれど、なかなかなくて、肌触り優先で選んだらこれに…。

口元周辺はまだ治ってません。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

流行ってます。

★『あすなろ三三七拍子』/重松清

押忍!
良い本であります!押忍!
感動したであります!押忍!
電車の中で涙ぐんだであります!押忍!

ジェンダー・バイアス・フリーを訴える人に、これから社会に出る若人に、天に召される人に、中年親父の友情に…エールを送る。
ただひたすらに誰かに、あるいは誰かの抱えている何かに応援する。
そこに理由や理屈なんていらない。
応援がこんなに人の心を熱くしてくれるものだとは知らなかった。
上下2段組で422ページあるので読み応えあるけれど、それも報われます。

読んでから「押忍」を言いまくる私に鈍太郎さんも楽しげに「押忍」と応えます。
「押忍」が流行中です。


応援団の学ランの詰襟がなぜあんなに高いか知っているかい?
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

開放

憂鬱の種だった新任研修を終え、やれやれです。

明日は休みだしー。
土・日仕事すれば、月曜からはシルバーウィークという名の5連休(ゴールデンウィークの代休)だしー。
やっと心置きなく本が読めるー!!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

嬉々☆焼肉

20100530
そういえば、“趣味は料理”だったね、鈍太郎さん。

この間の日曜日、仕事を終え、帰宅したら鈍太郎さんが夕食を用意してくれていました。
じゃじゃじゃじゃーん!焼肉!

20100530③ 20100530②
綺麗に盛り付けられたサラダもあるよ!

20100530④ 20100530⑤
タンはちょうど良い厚さでうまーい。
ライムで久しぶりにコロナビール!

お家だからゆっくりと食べて、飲んで、イングランド戦を見て。
美味しくて、なんとも心地が良いひととき。

こういう時間が日常となる日を楽しみにしてます
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

あれ。

今日は明後日の新任研修のために殊勝にも珍しく小一時間ほど残業…。

自分の持ち時間が45分あることに今日になって気がつく。
しかも、前年度の演習問題を使いまわすつもりでその問題を検分していたら、第三者に理解させるだけの十分な説明を自分ができないことに気がつき…削除するか新に問題を作成するかの壁にぶち当たる。

とりあえず、今日のところは使用するレジュメをコピーしただけでふんだんに嫌になり帰宅しました。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。