This Archive : 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

追い立てられ…

明後日に迫った引越し。
明日は仕事が遅番(22時まで勤務)のため、実質的に今日がラストスパートになるべく日です。
ダンボールの数が増え、唯一の寝る場所となるベットが梱包された荷物によって包囲されてきているので、引越しという雰囲気が醸し出されてきていますが、細々としたものだったり、生活に欠かせないものや、捨てるかどうか悩み見てみぬふりをしたものが、無残に残っています。
今日は、お休みだったけれど、なんだか休んだ気がしなくて疲れました。
肉低的疲労というよりも精神的に引越しだ!と追い込んでいるせいなのだと思います。

とはいえ、夜になってからイワムーからマルコでごはん食べましょう、と誘いを受け、そんな場合じゃないよ!と答えながらも、今すぐじゃなければ…と食事にでかけたのでした。
食事にでかける前に部屋に立ち寄ってくれたイワムーは、てきぱきと世話を焼いてくれました。
なんだか、とても捗った気がしました。
ありがとう。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

記念撮影

2011022② 2011022
かわゆいこの子。
でも、大きいの。
それはそれは大きくて、なにしろスペースを取ります。
(大きさをお伝えしたくて、350ml缶を置いてみました)

2011022④ 2011022③
ベット(セミダブル)に寝かせてみるの図。

実はこの子ずっと実家にいたのですが、ここ一ヶ月ほどワンルームのわたしの部屋で暮らしてました。
一緒に引越しするつもりだったのだけれど、徐々に増え始めたダンボールの置き場に困り、今夜、わたしより一足先に実家へ戻りました。
実家まで1分くらいなものですが、この子を抱え、引きずるように歩く。
すれ違った男性は目をそらし、信号待ちの運転中の女性は目を見開いていました。
いずれの方々も何を抱えているの!?って感じだったので、「スヌーピーだよ!」って教えてあげたくなりましたが、おかしな人だと思われるのも癪なので大人しくしてました。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

やばし!

決めなくちゃいけない事ややらなくちゃならない事がこんもりしてしてます。

仕事は、いろいろと検討した結果、現状維持を選択。先日もらった採用は辞退しました。
でもって、次なる山は、来週に迫ってしまった引越し…。
これが、やばし。
先週も夜に一度、そして、今夜も引越し準備で彼が手伝いに来てくれたのですが、正直いって私自身がどこから手をつけてよいのかわからず、食器と本の箱詰めをしたとはいえ、進んでいるのかいないのか。
やや焦り、不要と思われるものをこの時間までがしゃがしゃとゴミ袋に投入しまくってました。
引越しと平行して、縁組に向けてのお話もここ最近、進みつつあります。←吉報でしょ?
待ち望んできたこととはいえ、数々の壁にぶつかることを予測し、気長に構えていただけにあたふたしてます。

まだまだ課題てんこもりって感じですが、なんとかなるなる。
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

気持ちの支え

明日は休日。
のんびり気分の中、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」を観てます。この時間だから再放送かな?
尾道・向島なんです。
二年前の夏、尾道から向島に渡り、四国まで自転車で渡ったから目が離せなくなっちゃって。
ものすご~くきつくって、もう一回しろと言われると悩むけれど、今までしてきたどんな旅行よりも忘れられない。
橋までの急な坂道、橋の上の束の間の平地、橋の上から見渡した景色…穏やかな海、そこに浮かぶ島々、沈んでいく美しい夕日。
宿までの距離を知って、半べそをかいたわたしを必死に励まし、笑わそうとしてくれた彼の声を今でもはっきりと思い出せます。
今こうして振り返っても、あんなに素晴らしくって、大変だった旅はない。

彼と喧嘩したり険悪になることがあるけれど、あの旅のことを思い出すと大丈夫って思える。
財産だね。
忘れたくないな。

忘れそうになったりしたら、また行くしかないね。
もちろん、自転車で。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

そうきたか!

週に一回くらいしか見ないポスト。
今日、開けてみたら、受けていた採用試験の結果が届いてました。いつから入っていたのやら…。

結果は、合格。
採用が決定しました。

通知が届く前は、もしも採用となった場合(合格する気してました…)、向こう一年の自分自身の身の振りや環境を考慮し、辞退すべきかなと思っていたのですが、いざ本当に採用決定通知を手にしたら、惜しくなってきました。
ありがたいことなのだけれど、悩ましい。
辞退することを考えると時間はかけられないけれど、よく考えて決めたいと思います。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

思い出の品

先週の日曜日、祖父母の家から家財道具やら何やら家中のすべてのものが撤収、廃棄されました。
わたしが物心ついた頃から祖父母の家として小金井にあった家がいよいよなくなります。
ここ数年は無人の空き家だったから、状況として何か変わるというわけでもないのかもしれないけれど、完全に人手に渡るとなると心細さや寂しさを感じてしまいます。
去年、田舎暮らしと東京を行き来していた伯父伯母のところも東京の家を手放したのもあって、寂しさひとしおです。
もともと、親戚(こと母方)が近くに密集して住まっていたことが珍しいのかもしれないです。


今週、鈍太郎さんとはお互いの仕事や予定やらで会えなくて、夜は実家で過ごしています。
でもって、毎晩、祖父母の家からもらってきた花札で、姉と“こいこい”をしています。
姉は、こいこいの遊び方を知らなかったので、毎夜教えながらやっていたのですが、今日は負けました。
今回、祖父母の家からは仏壇や冷蔵庫、ソファ、シモンズのベットなどいろいろなものが我が家にやってきましたが、わたしが一番恩恵を受けているのは今のところ花札かもしれません。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

1月の読了本

年が明けて、あっという間に一ヶ月が経ってます。
昨年、思ったように振るわなかった読書。
今年もどうかな~という走り出しです。
1月中に読了した本は、たったの4冊…。

★『木暮荘物語』/三浦しをん
★『新潮 2010年 09月号』(144回芥川賞受賞作品『きことわ』)
★『母子寮前』/小谷野敦
★『ベッドの下のNADA』/井上荒野

『木暮荘物語』は木暮荘に住まう住民の連作短編。
全体的に“性欲”を感じる物語でしたが、中でも印象的だったのは大家の物語。

雑誌『新潮』は、芥川賞(発表前に借りていて、発表の時にはちょうど手元にあり、ラッキーでした。
けど、受賞作に特別な印象というものはなかった。

『母子寮前』は、144回の芥川賞候補作品です。
こちらは、どうなんでしょう、私小説なんですかね。
わたし個人としては、『きことわ』よりインパクトありました。癌という抗いがたい病魔がドーンとあるからかもしれません。癌だと言われても、どうして、わたしが?という思いや徐々に思うようにならなくなっていく身体の非情さ、癌患者の家族としての心情が淡々と描かれ、とっても掻き毟りたくなるような心細さがありました。

そして、4冊目の『ベッドの下のNADA』…怖かったです、すごく。
こういう夫婦となってしまうことが怖くって、わたしは結婚することを怯えているのかもしれない。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。