スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

オモシロ会話

今日、名古屋に住むお友達が電話をくれました。
何でもBlogを見て私のことを気にかけてくれたらしいのですが、コメントするのが面倒だったとか。
癒されたいねーという会話をしていたら、
名古屋嬢は「癒しも欲しいけど、彼氏も欲しい」だの「卑しいからね」と一人で駄洒落ては一人でウケていました。そんな彼女自体に私はウケてしまいます。
Blogのコメントやメールでなく、束の間でもおしゃべりできて楽しかったぁ。

そして、もう一人、笑わせてくれた人が。
夏休みに「瀬戸内海横断自転車道」で海峡の横断(もちろん自転車で)をするのもいいねという話を以前したので昨日ちょっとネットで調べた私はさっそく鈍太郎に自転車道のことを電話で話しました。

私:『全長70㌔あるんだけど、「本気ライダーは約3時間、早い人で4~5時間、体力に自信のある人で5~6時間、初心者やゆっくり走って10時間程度」なんだって』

鈍:『あやちんなら21時間だね、ほら、あやちんは初心者以下だから』(何故か、僕は違うけどという響きをもった得意げ口調)

初心者以下だとしても+α11時間って何よ!?
その理由は何でも…

鈍:『あやちんはきっとイラつくからそれでまず1時間でしょ、で、イラついて怒って自転車を破壊するから、そのせいで更に余計にかかってしまう時間が10時間』

なんかよく分からない計算だけど、ウケちゃいました。
きっと鈍太郎は私のことをキレやすいって思ってるんだなー。
可笑しい。
1時間イラつくって凄いエネルギーだし、更に自転車破壊のエネルギーまでも発揮するなんて。
私は秘かにエネルギッシュな性質なのかもしれません。
鈍太郎の目論見が当たるかはわからないけれど、瀬戸内の海の上を一緒に自転車で走れたらいいなぁ。
スポンサーサイト
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 雑録 |

COMMENT

Re: タイトルなし
いつだったかうず君は棚田が好きだとはるかから聞いて、恥ずかしながら私はそのとき初めて棚田の存在を知りました。
残念ながら私は図書館の写真集でしか棚田を見たことがないです。
月を映す棚田も見てみたいですが、生棚田を見ること私はちょっと憧れています。
2009/06/29(月) 12:47:09 | URL | aya→うず君 #-[編集]
僕が好きな風景は棚田です。田植えから間もない時期の棚田には水面にいくつもの月が映るらしいです。憧れます。
2009/06/27(土) 22:23:59 | URL | うず #-[編集]
Re: タイトルなし
早速コメントいただけて嬉しい!ありがとうございます。
私は瀬戸内の景色には一度しかお目にかかっていないのですが、あの美しさが忘れられません。
奥入瀬、裏磐梯は未開の地です。行って見たいな。
akaさん(一字違えば私じゃん!)は色々なところに行かれてますよね。
瀬戸内なら此処を、あれを食べて来いというのがあれば教えて下さい。
行けるかわからないけれど…。
ちなみにakaさんは夏どこか行かれます?
2009/06/27(土) 00:18:59 | URL | aya→aka #-[編集]
しまなみ海道から望む瀬戸内の島々は、本当に美しくて感動的ですよ。
個人的には、奥入瀬や裏磐梯と共に、日本で一番好きな風景です。
彼氏と一緒に自転車で瀬戸内海を縦断する夢、実現するといいですね。
2009/06/26(金) 22:26:41 | URL | aka #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。