スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

みんな母親から産まれてきた

★『かあちゃん』/重松清

母子を描く作品は意外にもお初という重松清さん。
どういった感じなのかしらと期待を込めて読んでみました。
全体的に道徳的かつ模範的な感じを受けました。
また、この世に生を受け、生きている誰もが母親から産まれてきたということを随所随所で感じます。
物語は、夫が起こした事故によってその生涯のほとんどを償いに尽くしたある一人の母親と、自分が標的になることを恐れて親友をいじめ、自殺にまで追い込んでしまった男子中学生とが交差し、発展してゆきます。
この物語の中で描かれていることの一つには、被害者にとって加害者ができる償いとして犯してしまった過ちを忘れずにいるということがあるかと思います。
確かに人は自分がされたことはなかなか忘れないけれど、自分がしてしまったことはわりあい都合よく忘れてしまったりするものです。
ただ、忘れるということは一時は自責の念があったといえますが、そもそも自責の念を持つこともない、自分が何かしてしまったということにまったく気がつかないということも少なからずあります。
その点、この物語に登場する各々の人たちはそもそも悪いことをしたという自責の念がある。
それだけでも、被害者からしてみたら救いかもしれません。
誰もが自責の念に苛まれるというまっとうな人間性を持ち合わせているあたりが重松清さんな感じがしました。

もし仮に私に中学生の子どもがいて、その子どもがこの本を読んで何かしら感動を覚えたりしたならば、私はこの子はきっと大丈夫だと思える気がします。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。