スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

本音のやり場

★『もう私のことはわからないのだけれど』/姫野カオルコ

病気の家族やお年寄りの介護を抱えた人の胸の内を描いたショートショート。
あくまでもフィクションなのだけれど、それぞれの環境設定というのは実在の人物がモデルがいるのかしらん?と思うほど具体的。でも、巻末には登場人物や語り手のプロフィールは架空であるとありました。
私自身、介護というものを体験したことがないからこんなことを言うのはおこがましいけれど、介護をしていて孤独を感じた時などにこの本を読んだらほんの少しかもしれないけれど、救われるんじゃないかな。
介護される側も人間ならば、する側も人間。互いに感情がありますから時にはやり場のない気持ちを抱え持ち、人には言えないようなことを考えてしまったりすることだってあると思います。
だけれど、自分が抱えた負の感情というのはなかなか他者にはさらけることはできないもので、よっぽど信頼の置ける相手でない限り、感情を吐露したり、相談したりはできないものです。
その点、「本」に向かうという行為では、こんなこと言ってどう思われるかな?と相手の反応を伺うような余計な心配は無用ですし、自分にとって都合のいいように理解・解釈することも、あるいは自分にとって肯定的なことだけを吸収することができます。
本を読むというのには、思っている以上に気持ちやらなにやらいろいろなことにゆとりがないとなかなかできないことだけれど、一日の中でこのショートショートの一編分だけでいいからそれを読む時間を自分に与えてあげることができたなら、翌日分のエネルギーくらいはチャージできそうな気がする。

姫野カオルコの幅をまたしても見た感じのする作品でした。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。