スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

2月の読了本

生涯忘れられない3月が過ぎ、もう4月です。


★『白いしるし』/西加奈子
絵描きさん同士の恋愛…友人の写真家など、アーティスト系の恋バナ。
苦手でした。アーティストの世界が想像できないから、一枚の絵を見て、恋に落ちるという感覚が凡人のわたしにはわからず…。

★『おいしい中国―「酸甜苦辣」の大陸』/楊逸
芥川賞受賞作家の楊逸さんの食の記憶が綴られた本。ですが、食の記憶のみならず、文化革命など中国が辿った歴史の一片を知ります。

★『ツリーハウス』/角田光代
今年に入って読了した本はまだ数冊ですが、今のところピカイチ!
新宿は角筈で中華飯店を営む一家の歴史、その歴史には戦争というものが色濃く刻まれています。
戦争というものは何をもたらし、何を奪い、人々にどんな影響を与えたのか、そんなことを教科書よりもずっと教えてくれるような一冊。
祖母にこの本をプレゼントしたいなと思ったし、可能ならば彼女から戦争のことをもっと聞いておきたいなと思いました。

★『こちらあみ子』/今村夏子
初めて読む作家さん。第26回太宰治賞受賞作だそうです。
あみ子によって押し込んでいる己の偽善的な部分を自覚させられた感じ。
“普通”とか“幸福”ってなんなんだろうって思う。
基準なんてないはずなのに人はそういうの勝手に設けてるよなと自分を含めて思う。
でも、そのこと自体を良いとも悪いともわたしは思わない。むしろ、思わないようにしてる。
ただ、それは自分だけの基準であって人様をそこに引っ張ってきて、この人はこうだと決め付けてしまうのはおそらく違うのだろうと思う。
人のことをこうだと決め付けてしまうのは、あくまでも自分の都合であって、その人にとってみたら迷惑千万なことなのかもしれないということを肝に銘じたい。

★『茨木のり子の家』/茨木のり子 著・小畑雄嗣 写真
倚りかからず」の詩の世界を感じる暮らしぶりがみてとれる。
信念を感じる家。
この素敵な家は、東伏見にあるようです。見てみたい。

★『嫌な女』/桂望美
夏子…嫌な女過ぎて面白い。ここまで嫌な女だと潔さすら感じる。
途中からどうか夏子は最後まで嫌な女であってくれと願いすらした。

★『ふがいない僕は空を見た』/窪美澄
タイトルに惹かれて手にした本。初めて読む作家さん。
序盤…もしや官能小説か!?最後までこんな感じなの?と戸惑いましたが、そうではなかったです。
それぞれの主人公の性格や背景がリアルでした。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。