スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

8/22

第4日目。長い一日の始まりです。

さすがはうどんの楽園、香川県。
午前9時には開店するうどん屋さんもあると購入していた香川県のガイドブックで知り、そそくさとホテルをチェックアウト。
早速、朝食がてらうどん第2食目を食すべく事前チェックをしていた“松下製麺所”というところへ。
駐車場なんてないので、近くの100パーキングに駐車。(旅行先で駐禁&レッカーという苦い経験があるので…)
ここは、いわゆるセルフと呼ばれている形式。
彼は冷たいうどんで、私はかけうどん。
うどんの玉をどんぶりに入れただけのものをポイと提供され、自分でうどんを温め、薬味及びおつゆをかけ、食べます。
セルフの究極…不慣れな私たち…おずおず、ずるずる。
店の人の声が奥から聞こえてきます…
「今日は、観光客が多いねぇ。いいわねぇ。」
羨ましがっているのか、なんなのか。棘のある響き。ふんっ!
食べてそそくさと店を後に。
彼に店員の声を聞いていたか尋ねたら、聞いていなかったとの答え。
私一人が気分を害されたと感じていたわけね、とプンスカ。

気を取り直して…という感じで続けざまに第3食目の店“上原屋本店”というところへ。
またしてもセルフ。
彼は釜揚げうどん、私はかけうどん。
釜揚げうどんは店側が食べられる状態にして提供してくれるのに対し、かけうどんは前述の店と同様。温めるのも自分、おつゆをかけるのも自分。
おつゆが蛇口のようなものを捻ると出てくるのですが、調節がよくわからず、ジャー、ドバッーとどんぶりから溢れ、更には手にかかりました。熱いです、やけどです。
泣きたくなりました…というか半ベソかきました。
すっかり不機嫌な私。
もう嫌だ、システムが分からないのに教えてもくれないなんてひどい、訴えてやる、排他的だ、閉鎖的だ、田舎の人間は嫌だ、などなど理不尽にも彼に当り散らし、窮状を訴え続けました。険悪ムード全開。
結果、もううどん巡りはやめましょうということに。
さらには、もう京都へ帰りましょうということまでに…。あぁ。
そんなMAX険悪の中、彼がコンビニでやけどを冷やすようにと氷を買ってくれ、だいぶ落ち着きを取り戻した私…金比羅参りに行きましょうと誘いをかけ、ひとまず京都帰還説を覆しました。

険悪ムード挽回ドライブの末に、やってきましたこんぴらさん。
正しくは、金刀金比羅宮って言うんですね。
上りましたよこんぴらさん、下りましたよこんぴらさん。
1368段ですよ、階段。上って下りたら2736段。
膝が大笑い。そりゃあ、もう、汗まみれ
というわけで、下りてからは、麓にあった旅館の温泉に。
あまりのしょぼさに膝同様笑いました。けど、汗をいっぱいかいたので気持ちよかった。
その後、糖分補給を切望していた彼の願いを叶えるために金比羅銘菓“灸まん”を売っているお店で休憩。彼は宇治金時、私は灸まん+お茶をいただきました。

散々歩いたのに、そのあと彼が珍しく固執した“丸亀城”へ。
高浜虚子の句碑などを流しつつ、急な上り坂を体に鞭打って登る。
人はほとんどおらず、地味な感じのお城でした。見所と言われる石垣は美しかったな。残念ながら天守へは時間外で入れず。

その後、私が行こうと決めていた骨付鳥の『一鶴』へ。
私たちが入ったのは、土器川店です。なかなか味のある建物でした。
おやどり、ひなどり、とりめし、むすびをオーダー。
骨付鳥はシンプルだけど、スパイシーで熱々でとても美味しかった。
私はひなどりの方が好きでしたが、彼はおやどりの歯ごたえが気に入ったようでした。
ビールを飲めなかったのが、残念。

日も暮れてきて、宿泊先探し。翌日は道後温泉にでも行こうと言っていたので、香川から愛媛へと移動することに。
道後温泉付近の宿は満室と断られ、松山市内の“ホテル泰平別館”なる格安な宿を取りました。
本館にある温泉へ入浴できると聞き、到着してすぐに入りに行きました。
奥道後温泉のお湯を引いているそうですが、後付されたと思しき檜風呂なんかは少し痛々しさがありました。女湯は私一人。久々に泳いで(狭いので浮かぶに近い)みたり、バタ足したり、浮かれ気味。
そんな中、悲劇が起こります。
真っ裸の私は、檜に足を滑らせダイナミックに転倒。
咄嗟に頭部挫傷を避ける体勢を取り、左半身をしたたかに打ち付けました。
左肘から電流が走り、左半身全体が痛い…。でも、可笑しい。
笑いながらも、左肘の痛みは激しく見る見る間に腫れが…。
温泉は打ち身にも効くはずと、温泉が流れ出てくところに左肘をあてつづけました。
風呂から出て彼に転倒の一部始終を語る。
「一人の時にそんなに体を張って笑いを取ってもしかたがないのに…」などと言いつつも、左肘の腫れを見て、湿布を貼ったほうがいいとのコメント。フロントに湿布はないかと尋ねたのですが、なかった。
近くのコンビニにも湿布はなかったので、冷えピタシートで代用。
それでも、ホテルの向かいにあった飲み屋さんへ。
左半身に鈍い痛みを感じたまま、鯵の活き造りや伊予牛のたたき、じゃこてん等を嬉々として食べて、ビールを飲みました。

長い長い、一日でした。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 1
CATEGORY : おでかけ |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

旅館☆丸亀で見つけた、いい旅館! !いつも、このブログを読んでいただきありがとうございます。大変ご好評のこの旅館日記ブログ。今まで、あんな旅館、こんな旅館を紹介してきました。今日紹介する旅館お奨めは、ホテルアルファーワン丸亀です---------------------------
2007/07/20(金) 16:23:27 | 徳島香川☆旅館で見つけた旅館日記

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。