スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

大切な人の死は悲しみの最上級だと思う。

★『幸福な食卓』

原作は好きな作家の一人瀬尾まいこ。

「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」
というセリフを聞いて、あれ?という疑問が頭をよぎりました。
あれ、あれ、あれれ。
わたくしあろうことかすっかり思い違いしていました。
『幸福の食卓』と『優しい音楽』を。
こういう思い違いはドキドキします。
あーあーあー。
そうだった、そうだった。
私は、この小説を読んでびっくりするぐらい泣いたのだった。
時すでに遅し。

おそらく簡単に表現してしまえば一家族の崩壊と再生が描かれた作品。
なのだけれど、たっぷりとした奥ゆきがあります。
朝食は家族4人が揃って食べるものという小さいけれど大切にされてきた家族のルール。
一日の始まりである朝の食卓は大事なことを発表する場ともなっていて、この家族にとっては大切なひととき。そんな大切にしていたはずの家族の日常の風景は父親の自殺未遂が引き金となり、ほつれてゆきます。
ほつれた家族がいままでと違う形で生活をしていく中で主人公佐和子のもとにある男の子が現れます。
佐和子にとっての支えとなってゆくその男の子。
恐ろしく悲しいことに消えてゆきます。
なんてことでしょう。
たったの十数年しか生きていない女の子に父親の自殺未遂以上の悲しみがふりかかるなんて。
かわいそうを通り越し、恐ろしくなります。

もちろん小説同様に泣きました。
泣いた後というのはなんともいえぬ脱力感に包まれます。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画・舞台鑑賞 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。