スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

11月30日、射手座…そこか…。

★『絶対、最強の恋のうた』/中村航

約1年振りに読み返す。やっぱり好きな小説。


“射抜かれたことに気付かないやつが、射抜かれることなど永遠にない”p.21

“僕は彼女に何か言おうと思った。何か大切で、きらきらした言葉を。正直で、丁寧で、一歩先に踏み込むような言葉を”p.23

“「考えてみれば礼儀ってのは凄くいいな。世界三大美徳のひとつには入るだろうな」”p.64

“―愛情をただただ育みたいと願うこと”p.101

“優しい男子がいい、と思った。優しいといってもへなちょこなのは困る。私がどう頑張っても開けられない蓋を、簡単にあけてくれるくらいには力があって、だけどマッチョなのはイヤだ。
あまりがっついた感じや、ギラついた感じの男子も避けたい。血管年齢が五十八歳とかそういうのはイヤすぎる。やっぱり健康が基本なので、全体的にぴちぴちした男子がいい。頭脳はすっきりと冴え、煩悩はあまり多くないほうがいい。私が陥る複雑な難問に、一撃で答を出すようなことがあってほしい、全体的に紳士な感じがいい。サムライよりも紳士がいい。忍者でもいい。”p.134-135

“私たちは次第に手の力を緩め、指だけを繋いだ。頼りないけど確かな、宇宙で一番素敵な繋がり方だと思った”p.147

“私たちは何か答のようなものが欲しくて相談をするんじゃない。だけど、いつだって私たちは大丈夫だ、って思えることは全てに勝る最高の答だ”p.153

“住む部屋を一つにするのが同棲や結婚だとしたら、と、私は考えた。そういうことの一番の始まりは、一つの傘に二人で入ることかもしれないな。”p.157

“タフで大らかで頼もしい男子、という概念は、私を安心させ安定させてくれた。そういうものを愛し、また愛されていると実感することは、調和よりも一段高いレベルの心強さがあった。
その心強さは、私にとって画期的なものだった。p.171

“苦悩を突き抜けて、歓喜に至れ”p.179

“恋を突き抜けて、愛に至れ”p.180

“―どっちが先でもいい。例えば大野君が嬉しかったり幸せだと感じたりすれば、それは私にとって何よりの幸せになる。私が幸せを感じるということは、それはまた大野君にとって何よりの幸せになる。そのことはまた、私の幸せの源になる。そのことはまた、大野君の幸せになる。そのことはまた、私の幸せになる―。”p.184

“「思ったんだけどさ、これって最強のスパイラルじゃないかな?」”p.185

“届かない反復にこそ、確かさは宿る。”p.188

“だけど、絶対にって祈りたくなる気持ちは、確かに今ここにある。絶対だって信じる気持ちも確かにある。
だから恋人たちは歌えばいい。絶対に最強な恋のうたを。”p.192

“私たちはあのころほど無敵じゃない。あのころほど無敵じゃないけど、いつだって私たちは大丈夫だ。男子はいつだってバカで、女子はいつだって欲が深い。男子は溢れるほどの煩悩を抱え、女子は悲しいほど甘い物が好きだ。私たちはいつだって真剣勝負だ。いつだって熱烈大車輪だ”p.195

“鍋は最強の調理法だよ”p.196

“「いや、努力も違うと思うな。報われるようなものは、違うと思うんだよ」”p.200

“―世界三大美徳の一つ、仲良し”p.201

“―刹那を生きろ。”p.209

“―気まぐれとマグレ以外、この世に何があるんだよ。”p.214

“示唆するのもされるのも、本当はきっと無意識の意志なんだと思う。偶然は必然で、必然は偶然なんだと思う。”p.216

“これから僕らに何が待っているかはわからない。環境が変わればポリシーだって変わる。だけど、マリンスポーツだけは許してはならない。”p.219
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。