スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

荒んだ生き方

★『二度はゆけぬ町の地図』/西村賢太

Wikipediaの彼の紹介に“作風は強烈な私小説である”とあるように、この小説のモデルも著者自身なんでしょう。
港湾人足作業で日銭を稼ぎ、暴飲、買淫。
狡猾で自堕落、荒んだ生き様が半ば自棄になっているかのように描かれてます。

「春は青いバスに乗って」で語られる留置場でのエピソードはかなりの臨場感がありました。

『どうで死ぬ身の一踊り』が芥川賞、三島由紀夫賞の候補作となった彼ですが、現在はこの小説で描かれるような生活から離脱しているのでしょうか。
社会的地位の変化は彼の厭世的な私小説にどう影響するのか興味深いです。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。