スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

花と思い出

★『花が咲く頃いた君と』/豊島ミホ

4編からなる短編集。
ひまわり、コスモス、椿、桜という花が散りばめられた4編。

「サマバケ96」は、中学3年生のユカとアンナという女の子のひと夏の友情を描いた作品。
夏や中学3年生の女の子の躍動感がひまわりと重なりました。
「コスモスと逃亡者」では、見た目は儚いけれど雑草のような逞しさが主人公たからと重なります。
「椿の葉に雪の積もる音がする」は、静けさの中にぽつんと人の想いが感じられる作品。
雪景色の中にある椿の朱色を彷彿とさせます。
「僕と桜と五つの春」は、狂気を漂わせる一途な恋心を描いた作品。
ここで描かれる桜はあっけらかんとした明るいものでなく、『桜の森の満開の下』のような美しさだと思いました。

花と共にある思い出というのがあります。
あの時近くにあの花が咲いてたなとかある花を見て突然頭の中に過去の風景が蘇ってきたり。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。