スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

眺める必要なし。

★『体育座りで、空を見上げて』/椰月美智子

和光妙子という少女の中学三年間を描いた作品。
時代背景は国鉄が民営化される時代だから私自身の中学校時代よりは前。
妙子の抱えるもやもやと行き場のない感情は、読んでいるうちに記憶としてだいぶ頼りなく、また眠っていた自身の中学校時代を彷彿とさせるものがありました。

私にとって三年間の中学生活におけるキラキラとした記憶はほとんどない。
スコート穿きたさに一応テニス部に入ってはいたけれど、部活動はおざなりで心血注ぐようなことは一切なかったし、あまり良い時期でなかったせいか学校生活自体を思い出すことが困難。
今でも会ったり話したりする同級生がいることが不思議なくらい。
そんな貴重な同級生と話をしていてもそんなことあったっけ?と覚えていないことの方が多い。
ただ、当時の自分自身のことはとてもよく覚えてる。
自分がどういう風にあろうとしたかとか物事をどう感じていたかとか。
思春期という時期だったせいなのか、環境のせいだったのか今でもわからないけれど、私はとっても気取っていたと思う。
同級生なんか子供だわと思うことにして、どこか馬鹿にして(賢くなかったのになんでそう思えていたのかは謎)、クラスに馴染めないことを悟られることが嫌で世界文学全集なんかを読み始め、一人でも平気という素振りを、そして文学少女を気取ってた。
今思うとくだらなくて、健気。
そうやって自分を守っていたんだろうな。
精一杯大人ぶって、可能な限りの去勢を張ったんだ思う。

そんないじらしい中学生だった自分自身を今でも覚えているある意味執念深い私には、この作品は安心できるものだったし、当時の自分を前よりもっと可愛がってあげたいなと思えるものでした。

自分自身を持て余し、やり場のないもやもやに苛まれている妙子ちゃんの姿を現代の中学生に読んでもらいたいなと思うけれど、時代背景が今とは異なるのでどうかな。
ただ、妙子ちゃんが思うように中学時代なんてものは長い棒線にたとえたらほんのぽっちり。
虫眼鏡で拡大しないとわかりもしないこと。
そして、拡大して見たそれが濃密だったとしても、わざわざ取り出して眺める必要はないのだ。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。