スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

慄然となる

★『森に眠る魚』/角田光代

瞳、容子、千花、かおり、繭子という5人の母親が育児を通してママ友となるものの、一緒に過ごすことで浮き彫りとなってゆく境遇や環境の違いが当初は羨望だったはずなのに妬みとなってゆき、また子どものお受験やもともとの性格などから次第に憎しみ合う仲になります。

人は人、私は私。
そのことを言い聞かせ、頭では理解しているはずなのに、上手くいかない。
人と比べるから不幸になる、それを改めて思い知らされます。
また、自分一人であれば人と比べないでいられるくらいの自信があっても、子どもがいるとまた違ってきてしまうものなのかもしれないと思ったら、子どもを持つということがちょっと怖くなりました。

実家のトイレに貼ってあるドロシー・ロー・ノルトの「子ども」という詩を思い出しました。
その中には「親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる」というの一節があります。いつか子どもを持つこともあるかもしれないから、今から心しておきたいなと思います。

魚は本当なら森ではなくて海にいるはずの生き物。
森に眠る魚にはなりたくないものです。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

tapiocapudding

Author:tapiocapudding
FC2ブログへようこそ!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


シンプルアーカイブ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


フリーエリア


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © 気分屋 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。